宮森小学校米軍機墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮森小学校米軍機墜落事故
1959 Kadena Air Base F-100 crash.jpg
事故後の宮森小学校
出来事の概要
日付 1959年6月30日
概要 整備不良によるエンジントラブル
現場 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国統治下の沖縄
石川市(現沖縄県うるま市
宮森小学校
乗客数 0
乗員数 1
負傷者数
(死者除く)
210
死者数 17(小学生11、住民6)
生存者数 1(墜落寸前に脱出)
機種 ノースアメリカン F-100D-25-NA 「スーパーセイバー」
運用者 アメリカ合衆国空軍の旗 アメリカ空軍
機体記号 55-3633
テンプレートを表示

宮森小学校米軍機墜落事故(みやもりしょうがっこうべいぐんきついらくじこ)とは、1959年6月30日アメリカ合衆国統治下の沖縄石川市(現うるま市)で発生したアメリカ空軍機の航空事故である。

事故の概要[編集]

1959年6月30日午前10時40分頃に、アメリカ空軍ノースアメリカンF100Dジェット戦闘機が操縦不能となり、パイロットのジョンシュミット大尉は空中で脱出、機体は民家35棟をなぎ倒した後、石川市にある宮森小学校(現うるま市立宮森小学校)のトタン屋根校舎に衝突、さらに隣のコンクリート校舎を直撃し、炎上した。

事故直後から軍警消の各部隊が事故現場に急行し救助活動に当たった。被害者の治療のために沖縄本島中部在住医師のほとんどが駆けつけた。

事故による火災は1時間後に鎮火したが、死者17人(小学生11人、一般住民6人)、重軽傷者210人、校舎3棟を始め民家27棟、公民館1棟が全焼、校舎2棟と民家8棟が半焼する大惨事となった。

事故当時、学校には児童・教職員ら約1000人がいた。当時は2時間目終了後のミルク給食の時間で、ほぼ全児童が校舎内にいた。特に直撃を受けた2年生の教室の被害が最も大きく、火だるまになった子供たちは水飲み場まで走り、そのまま次々と息絶えたと伝えられている。

事故の原因[編集]

事故を起こした米軍機は、事故直前に中華民国台湾)で整備が行われた後、沖縄の嘉手納基地に戻って整備不良が発見されたため、整備し直して試験飛行している最中に操縦不能に陥った。米軍機は機首を人家のない丘陵地帯に向けた後、操縦士はパラシュートで脱出した。ところが事故機は右に旋回したため宮森小学校に墜落した。墜落直前に50kg爆弾を海上投棄していたことが、1999年になって判明した[1]

事故の補償[編集]

事故直後から全沖縄で反米感情が高まり、折りしも米軍による土地接収が強行されていた時期と重なって激しい抗議行動や補償要求が行われた。また当時の市長は賠償交渉を円滑に進める意図で事故の復旧に貢献したとして米軍に感謝状を贈っている。

米軍はこの事故の補償として総額11万9066ドルを支払った。死者は4500ドル、重傷者は障害に応じて2300 - 5900ドルが支払われた。ただしこの額は被害者側の要求の1割程度に過ぎない[1]

その他[編集]

仲良し地蔵
  • 宮森小学校の中庭には、犠牲となった児童らを慰霊する「仲良し地蔵」が設置されており、毎年6月30日に児童らによる追悼式が行われている。
  • 2008年4月に宮森小学校に赴任した平良嘉男校長は、当時最も犠牲者が多かった2年生の生還者の1人である。
  • この事故の報道は、報道体制が整ったばかりの沖縄テレビ放送の取材で、フジテレビ(当時は共同テレビジョンニュース)のみならず、取材フィルムはNHKなど他局にも回され、東京のテレビでも伝えられた。ただし、沖縄初の民間向けテレビ局として開局した沖縄テレビの開局は同年11月1日であったため、沖縄では即時報道はなされていない[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「忘れたい忘れて欲しくない-石川米軍機墜落事故から50年」BS朝日、2009年9月12日

参考文献[編集]

  • 沖縄県警察史編さん委員会編『沖縄県警察史 第3巻(昭和後編)』(2002年)
  • 石川市編『石川市制施行50周年記念・市勢要覧』(1995年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]