奥田節夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

奥田節夫(おくだ せつお、1926年10月16日[1] -2017年6月2日)は日本の地球物理学者。京都大学名誉教授

岡山県出身[1]。1948年大阪大学理学部卒業後、高校講師や岡山大学理学部助教授などを務めた後、1963年より京都大学防災研究所で助教授、教授として、水利学的見地から防災や環境について研究を行った。1985年から1987年まで同所長を務めた後、定年を待たずに1988年に退官した[2]

著書[編集]

  • 『河口堰』村上哲生,西條八束,奥田節夫.講談社, 2000.4
  • 『河川感潮域』西条八束,奥田節夫.名古屋大学出版会, 1996.6
  • 『湖沼の科学』A.レルマン[他]. 古今書院, 1984.11
  • 『災害史料と現地調査にもとづく歴史的崩壊災害の復元・分析と危険域の予測』,京都大学.1985.6
  • 『集中豪雨』斎藤錬一,奥田節夫,斎藤亮平.日本放送出版協会, 1973
  • 『空からみる日本の湖沼』丸善, 1991.9
  • 『大規模な崩壊・氾濫災害に関する研究』〔京都大学防災研究所〕, 1989.3
  • 『ダム湖の陸水学』Kent W.Thornton,Bruce L.Kimmel,Forrest E.Payne[他].生物研究社, 2004.7
  • 『バイカル湖における環境-物質循環-生態系の相互作用に関する研究』岡山理科大学.1992-1994
  • 『理論地形学』A.E.シャイデッガー[他].古今書院, 1980.8

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.400
  2. ^ 柴田徹「吉川宗治・奥田節夫両教授の御退官によせて」、『京都大学防災研究所年報. A』第31巻、京都大学防災研究所、1988年4月、 1頁、2011年2月4日閲覧。