子安増生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

子安 増生(こやす ますお、1950年11月16日[1] - )は、日本の教育心理学者。京都大学名誉教授。甲南大学文学部特任教授。専門は教育認知心理学。特に心の理論、メタファー理解などの発達心理学的研究。

日本心理学諸学会連合理事長。博士(教育学)

来歴[編集]

京都市出身[1]高槻高等学校を経て1973年京都大学教育学部卒業。1977年に京都大学大学院教育学研究科博士課程を中退。同年から1988年まで愛知教育大学助手・助教授を務めた後、京都大学教育学部助教授に就任。1998年より教授。2016年4月から京都大学名誉教授

著書[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

  • 『幼児が「心」に出会うとき――発達心理学から見た縦割り保育』(有斐閣、2000年)
  • 『認知発達とその支援』(ミネルヴァ書房、2002年)
  • 『 「できる」子どもに育てよう!親しかできない、子どもを賢くする方法』(小学館、2002年)
  • 『芸術心理学の新しいかたち』(誠信書房、2005年)
  • 『よくわかる認知発達とその支援』(ミネルヴァ書房 、2005年)
  • 『経済心理学のすすめ』(有斐閣、2007年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.260