辻本雅史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

辻本 雅史(つじもと まさし、1949年10月28日 - )は、日本の思想史家教育学者である。京都大学名誉教授国立台湾大学教授。愛媛県出身。

略歴[編集]

著書[編集]

-『「学び」の復権:模倣と習熟』 という題で2012年に岩波現代文庫からも出版された。

編著[編集]

  • 『日本思想史辞典』 桂島宣弘吉田忠末木文美士白山芳太郎ら共編 ぺりかん社、2001年
  • 『新体系日本史 教育社会史』(編著) 山川出版社、2002年
  • 『教育の社会文化史』(編著) 放送大学教育振興会、2004年
  • 『経書解釈の思想史―共有と多様の東アジア』(編著)ぺりかん社、2010年
  • 『知の伝達メディアの歴史研究―教育史像の再構築』(編著)思文閣出版、2010年
  • 『経書解釈の思想史 共有と多様の東アジア』黄俊傑共編 ぺりかん社 2010年

参考[編集]

  • 経歴書(2012年3月現在) 辻本雅史「教育史フォーラム」2012-03

出典[編集]

外部リンク[編集]