中村直勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 直勝
人物情報
生誕 (1890-06-07) 1890年6月7日
日本の旗 日本滋賀県大津市
死没 1976年2月23日(1976-02-23)(85歳)
出身校 京都帝国大学
学問
研究分野 歴史学(日本史)
研究機関 京都女子大学大手前女子大学
テンプレートを表示

中村 直勝(なかむら なおかつ、1890年6月7日[1] - 1976年2月23日[1])は、大正昭和期の日本の歴史学者

経歴[編集]

滋賀県滋賀郡大津町(現在の大津市)にある長等神社社家の家に生まれる[2]膳所中学校第三高等学校[3] を経て京都帝国大学に入る。三浦周行の門下で古文書学などを研究する。卒業論文「皇室制度」をまとめ[4]1915年7月に京都帝国大学文科大学卒業[1][5]。さらに、古文書学の研究のため、大学院に進む[6]1919年9月より第三高等学校で歴史学を講じ、1920年に同校教授となる[1]1927年7月からは京都帝国大学助教授[7][8]として古文書学を担当した他、南朝荘園皇室領供御人などの研究を行った。1946年に「荘園の研究」を提出して京都大学から文学博士の学位を授与される[9][10]

戦後は1948年に公職追放となる[1] も、追放期間中を北朝の再評価や民衆文化、茶道史などの研究に充てたほか、多くの著作を執筆した。1956年京都女子大学教授となり、1966年からは大手前女子大学(現在の大手前大学)学長を務めた[1][11]

研究内容・業績[編集]

近畿地方を中心に各地に眠っている古文書の調査・刊行を行った他、日本古文書学会第2代会長を務め[1]、また市民への歴史学に対する啓蒙活動にも熱心であった。古文書学・南北朝時代史・荘園経済史・芸能史の研究に成果を残し、『南朝の研究』『日本古文書学』『荘園の研究』等の著書がある。

中村のもとでは清水三男赤松俊秀林屋辰三郎といった古文書学にあつい中世史家が育った。

著書[編集]

  • 『日本文化史 第7巻 南北朝』大鐙閣 1922
  • 『南朝の研究』星野書店 1927
  • 醍醐天皇御事略』醍醐天皇一千年御遠忌事務局 1928
  • 宇多天皇御事紀』宇多天皇一千年御忌臨時局 1931
  • 北畠親房』星野書店 1932
  • 『北畠親房・顕家両卿の研究』別格官幣社阿部野神社社務所 1932
  • 『天皇と国史の進展』賢文館 1934
  • 『少年大日本史 徳川家光』建設社 1935
  • 宗良親王御伝略』官幣中社井伊谷宮奉賛会 1935
  • 『吉野朝史』星野書店 1935
  • 『国史通論』星野書店 1937
  • 『日本教育家文庫 第11巻 北畠親房』北海出版社 1937
  • 『大阪と北畠親房・顕家両卿』北畠卿奉讃会 1938
  • 天智天皇』近江神宮奉賛会 1938
  • 『日本古文書学』日本文学社 1938
  • 『日本肇国の大精神』海上国民精神総動員聯盟 1938
  • 『楠氏一門の教養』教学局 1939
  • 『荘園の研究』星野書店 1939
  • 『水無瀬・山崎附近』京阪電気鉄道・趣味の京阪叢書 1939 のち宝書房
  • 『吉野朝時代史通論』日本放送出版協会・ラヂオ新書 1941
  • 『通説日本上代史』臼井書房 1942
  • 『日本新文化史 第7巻 吉野時代』内外書籍 1942
  • 『北畠親房公景伝』訂補 星野書店 1943
  • 『国史の話』全国書房 1943
  • 『通説日本中世近代史』一条書房 1943
  • 『随筆楠公』星野書店 1943
  • 『日本概史』文芸春秋社 1943
  • 『新概觀國史』北海出版社 1944
  • 『神社文化史』一条書房 1944
  • 『日本想芸史』宝書房 1946
  • 『男山』宝書房・京阪神叢書 1947
  • 『経済史観日本』臼井書房 1948
  • 『南都北嶺』星野書店 1948
  • 『足利ノ尊氏』弘文堂・アテネ新書 1953
  • 南方録に学ぶ』星野書店 1954
  • 増鏡』弘文堂 アテネ文庫 古典解説シリーズ 1955
  • 『京の魅力』正続 葛西宗誠写真 淡交新社 1959-1960
  • 『奈良・大和路の魅力』葛西宗誠写真 淡交新社 1960
  • 光厳天皇』淡交新社 1961
  • 『起請の心』便利堂 1962
  • 『京の庭を歩く 庭の思想』白川書院 1962
  • 『斜めに見る京都』白川書院 1962
  • 『平安時代の文化』至文堂・日本歴史新書 1962
  • 『吉野・熊野路の魅力』葛西宗誠写真 淡交新社 1962
  • 『歴史の発見 古文書の魅力』人物往来社 1962
  • 『京の仏たち』白川書院 1963
  • 『新・京の魅力』葛西宗誠写真 淡交新社 1963
  • 『日本歴史読本』人物往来社 1963
  • 『京のやしろ』岡本東洋写真 淡交新社 1965
  • 『中村直勝日本史』全4冊 白川書院 1965-1971
  • 『大和のやしろ』葛西宗誠写真 淡交新社 1965
  • 『教養日本史』白川書院 1967
  • 『茶道の心』浪速社 1968
  • 『南坊録 茶道聖典』浪速社 1968
  • 『茶聖千利休』浪速社 1969
  • 『語らばやな古社寺』学生社 1970
  • 『日本芸能小史』浪速社 1970
  • 『東山殿義政私伝』河原書店 1970
  • 『カラー京都の魅力 洛西』写真: 山本建三 淡交社 1971
  • 『カラー京都の魅力 洛東』写真: 柴田秋介 淡交社 1971
  • 『カラー京都の魅力 洛南』写真: 葛西宗誠 淡交社 1971
  • 『堺文化史伝』堺市教育委員会 1971
  • 『カラー京都の魅力 洛中』写真: 岩宮武二 淡交社 1972
  • 『カラー近江路の魅力』写真: 山本建三 淡交社 1973
  • 『カラー京都の魅力 洛北』写真:浅野喜市 淡交社 1974
  • 『カラー美濃路の魅力』写真:柴田秋介 淡交社 1974
  • 『荒説日本史』主婦の友社 1975
  • 中村直勝著作集』全11巻 淡交社、1978-1979
第1巻 (通説日本史)
第2巻 (社会文化史)
第3巻 (南朝の研究)
第4巻 (荘園の研究)
第5巻 (古文書の心)
第6巻 (歴代天皇紀)
第7巻 (歴史と人物)
第8巻 (想芸の道)
第9巻 (神社と寺院)
第10巻 (故郷の魅力)
第11-12巻 (歴史の発見)
  • 『「通」のための裏返し日本史 この時代のここを見れば日本史の本質がわかる』主婦の友インフォス情報社 2008

共著など[編集]

  • 『後醍醐天皇関係十五官幣社御祭神御神徳記』編 建武中興記念会 1939
  • 『東大寺文書 第1 (東大寺百巻文書 第1-50巻)』編 全国書房 1945
  • 『中村直勝博士蒐集古文書』中村直勝博士古稀記念会 1960
  • 『兵法五輪書』宮本武蔵 著 校註解説 講談社 1970
  • 『平家物語 歴史対談』村上元三共著 講談社 1971

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 署名なし 1976
  2. ^ 中田勇次郎 1976
  3. ^ 1912年7月に大学予科卒業( 『第三高等学校一覧 大正2年9月起大正3年8月止』第三高等学校、1914年2月、222頁。NDLJP:940317/123 
  4. ^ 「彙報 京都文科大学本年度卒業論文題目」『藝文』第6巻第6号、京都文学会、1915年、 101頁、 全国書誌番号:00006660
  5. ^ 京都帝国大学 編 『京都帝国大学卒業生名簿』京都帝国大学、1936年、296-297頁。NDLJP:1277558/161 
  6. ^ 『官報』第940号、大正4年9月18日、p.349
  7. ^ 京都大学百年史編集委員会 編「第4編: 一覧・統計 第4章: 主要人事一覧」 『京都大学百年史 資料編3』京都大学教育研究振興財団、2001年、196頁。 
  8. ^ 『官報』第167号、昭和2年7月20日、p.167. NDLJP:2956627/4
  9. ^ 京都大学事務局庶務課調査掛 編 『京都大学学位録 自大正10年至昭和26年』京都大学、1952年9月5日、176頁。NDLJP:9542411/96 
  10. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年6月20日閲覧。
  11. ^ 川勝政太郎 1976

参考文献[編集]