軍記物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
  1. 中世末期から近世初期にかけて、戦国武将大名家の武勲・武功について記述した書物。本項で解説する。
  2. 鎌倉時代から室町時代にかけて書かれた歴史上の合戦を題材とした文芸軍記物語を参照。
  3. 江戸時代講談の一種である軍記読みによって語られた、歴史に取材した通俗小説。軍記読みを参照。

軍記物(ぐんきもの)とは、中世末期(室町時代)から近世初期にかけて、戦国武将や近世大名の武勲や武功について物語形式で記述した書物である。

概要[編集]

軍記」は武士が登場し合戦が相次ぐ中世の動乱をもっともよく代表する文芸のジャンルである。この「軍記」を細かく分けると、『将門記』・『陸奥話記』などの先駆的な作品を「初期軍記」、『平家物語』から『太平記』までのものを「前期軍記」、室町時代以後のものが「後期軍記」となる。

「初期軍記」、「前期軍記」は国文学研究における「軍記物語・軍記文学」に相当するのに対し、(本項の「軍記物」に相当する)「後期軍記」はより文芸作品から離れて実録・家伝の色合いを強めていく。中世史の研究においては軍記物を通じた研究が行われる場合もある。その場合には、軍記物が特定の武士や家に対する顕彰的要素や創作的要素を含むものであることを前提にする必要がある一方で、そこから作者が持つ「家」や「先祖」に対する意識などを見出すことも可能である[1]

「後期軍記」においては、応仁の乱を描いた『応仁記』までを「室町軍記」、それ以後の戦国時代の戦乱を描いたものを「戦国軍記」と細分化する方法が存在する。さらに、「戦国軍記」には、戦国時代において筆録された物と、近世に筆録された物とが存在し、後者を「近世軍記」と区別する方法も存在する。

成立背景[編集]

これらの書が書かれた背景には、元和偃武により江戸幕府の基礎が固まり、各大名家が自家の正当性、高貴性を主張するために系図を改竄するなどした時代の風潮の中で、「わが家の今日の厚遇があるのは、先祖のこのような命がけの武勲のおかげであり、正当な報酬なのである」という主張をする意図があったと考えられる。 また、子孫に対して先祖の偉業を知らしめる目的もあったと思われる。

軍記物の特徴[編集]

軍記物は、ほとんど各大名家ごとに存在するといっても過言ではなく、群書類従続群書類従の合戦部、史籍集覧国史叢書などに数多く収録されている。しかしながら、子孫の口述や風聞を元に記録されたものが多く、書状などの一次史料と一致しない記事、また改竄された系図に倣う記事などもあり、記録としての正確性は軍記物ごとに様々である。

また、「初期軍記」、「前期軍記」などの軍記物語が結晶度の高い文学として見るべき作品が多く関心が高いのに対し、「後期軍記」(軍記物)は顧みられることは少ない。しかしながら、「後期軍記」、特に「戦国軍記」は全国的な広がりを持ち、軍記がもっとも多様な展開を見せた時期であるといえる。この「戦国軍記」は基礎的な調査研究はほとんどなされておらず、原文のまま活字化されておらず現代語訳の無いものがほとんどであり、活字化されているものは数百あるうちのごく一部に過ぎないのが現状である[2]

軍記物(後期軍記)の一覧[編集]

以下は、戦国軍記事典(和泉書院)を参考とした。

室町軍記[編集]

戦国軍記[編集]

両細川の乱~三好家の台頭(畿内)[編集]

永享の乱~享徳の乱(関東)[編集]

東北の戦乱[編集]

関東の戦乱[編集]

甲信越の戦乱[編集]

東海の戦乱[編集]

北陸の戦乱[編集]

近畿の戦乱[編集]

中国の戦乱[編集]

四国の戦乱[編集]

九州の戦乱[編集]

織田信長の合戦[編集]

豊臣秀吉の合戦[編集]

徳川家康の合戦[編集]

  • 徳川家康一代の軍記:三河物語/改正三河後風土記/三河後風土記正説大全/四戦紀聞*
  • 関ヶ原の戦い:関ケ原軍記大成/関ケ原始末記/関原陣輯録/関ケ原御合戦記/濃州関ヶ原軍記/板坂卜斎覚書/慶長記/石田軍記/惟新公関原御合戦記/関ケ原合戦進退秘訣/田中兵部殿関ケ原覚書/岐阜落城軍記/佐和山落城記/おあむ物語/関原記/戸田左門覚書/霜女覚書/大津籠城合戦記
  • 関ヶ原の戦い(全国) 最上陣実記/最上合戦記/最上斯波家伝/会津陣物語/東国太平記/小松軍記/浅井畷合戦覚書/浅井縄手之迫合諸記抜書/大聖寺攻城并浅井畷軍記/山口記/能美江沼退治聞書/田辺城合戦記/三刀谷田辺記/豊後陣聞書/豊後崩聞書/大友義統公軍記/石垣原大友義統与黒田如水取合*/豊後国鶴見原一戦之事*/豊州乱記/太田中川合戦之記/稲津掃部合戦記*/稲津軍記/原城記*
  • 琉球攻略:喜安日記/市来孫兵衛琉球征伐日記/琉球軍記/薩琉軍談/島津琉球軍精記/中山世鑑・中山世譜・球陽*
  • 大坂の陣:豊内記/大坂物語/難波戦記/御撰大坂記/真田氏大坂陣略記/真田三代記/左衛門佐君伝記稿/大坂陣山口休庵咄/大久保彦左衛門覚書/石川忠総家臣大坂陣覚書/昔物語/大坂両陣日記*/村越道伴物語留書/長沢聞書/岡田竹右衛門覚書/片桐家秘記/泉州樫井表合戦次第覚書/おきく物語/若州聞書/関難間記/諸士軍談/後藤合戦記/後藤又兵衛尉政次伝*/大坂記*/短夜の物語*/大坂両度御出馬雑録*
  • 島原の乱:版本 嶋原記/島原記/嶋原天草日記/天草土賊城中話/十時三弥介書上之写/島原一揆松倉記/島原陣覚書/吉利支丹物語/四郎乱物語/南島変乱記/参考天草軍記/林小左衛門覚書/佐野弥七左衛門覚書/別当杢左衛門覚書/肥前国有馬古老物語/有馬原之城兵乱之記/島原一乱家中前後日帳覚*/有馬五郎左衛門筆記/松竹吉右衛門筆記/並河太佐衛門記/肥前国有馬戦記/原陣温故録/黒田家出勢人数並手負討死聞書*/有馬記録/有馬之役/肥前国有馬高来郡一揆籠城之刻々日記/高来郡一揆之記/耶蘇天誅記/立花立斎島原戦之覚書/山田右衛門作以言語記*/鬼理至端破却論伝/水野家島原記/原城紀事/天草一揆書上帳*/肥前国有馬肥後国天草一揆略記*

その他[編集]

  • 武将記・家記:本多越前守利長家之覚書/管窺武鑑/山口道斎物語/久知軍記/岩槻巷談*/石川正西聞見集/菅沼記/菅沼家譜/野田伝記実録/三壺聞書/藤堂家覚書/渡辺水庵覚書/中村一氏記/本多忠勝武功聞書/戸川記/水野日向守覚書/毛利秀元記/脇坂記/一柳家記/加藤光泰貞泰軍功記/黒田家譜/黒田記略/古郷物語/黒田先公忠義伝*/黒田家老士物語*/黒田家臣伝*/黒田長政記/松永道斎聞書/戸次軍談/田中興廃記/大村記/大村家秘録/細川忠興軍功記/有馬晴信記
  • 夜話:奥相茶話/東奥老士夜話/木村宇右衛門覚書/亜相公御夜話/象賢紀略/微妙公御直言/微妙公御発語/微妙公夜話録/微妙公御夜話 異本 正的筆記/夜話/懐恵夜話/烈公間話/犬甘代々古老夜話集/建康様御物語筆記*
  • 逸話集:老人雑話/備前老人物語/武功雑記/武辺咄聞書/常山紀談/武将感状記/志士清談/続武将感状記/武野燭談/上杉将士書上/明良洪範/名将言行録/紀伊国物語/武者物語/武者物語之抄/新武者物語/近史余談/落穂集/落穂集追加/雑兵物語/渡邊幸庵対話*

脚注[編集]

  1. ^ 髙橋恵美子『中世結城氏の家伝と軍記』(勉誠出版、2010年)「序論」
  2. ^ 戦国軍記事典(和泉書院)はしがき(1997年1月)を要約

参考史料[編集]

  • 『戦国軍記事典 群雄割拠篇』(古典遺産の会編)和泉書院 1997年02月25日
  • 『戦国軍記事典 天下統一篇』(古典遺産の会編)和泉書院 2011年12月26日

関連項目[編集]