細川師氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
細川師氏
時代 鎌倉時代後期 - 南北朝時代
生誕 正安6年(1305年
死没 正平3年/貞和4年5月23日1348年6月20日
別名 通称:彦四郎
官位 従五位下掃部助淡路守
幕府 室町幕府 淡路守護
主君 足利尊氏
氏族 細川淡路守護家
父母 父:細川公頼
兄弟 和氏頼春師氏
氏春信氏
テンプレートを表示

細川 師氏(ほそかわ もろうじ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての武将細川公頼の子。官位従五位下掃部助淡路守淡路国守護細川淡路守護家初代当主。

生涯[編集]

元弘の乱では足利尊氏に従い、倒幕に参加。建武政権では尊氏の弟・直義に随行して鎌倉へ下り、中先代の乱でも戦う。室町幕府成立後は淡路守護に任じられ、南朝方の宇原氏を征討した(立河瀬合戦)。以後師氏の子孫が淡路守護を務める(淡路守護家)。

正平2年/貞和3年(1347年)には南朝に鞍替えしていた飽浦信胤の拠る小豆島を攻め、信胤を屈服させ同島を細川氏領としている。

関連項目[編集]