勾当内侍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
勾当内侍
菊池容斎筆『前賢故実』より

勾当内侍(こうとうのないし、生没年不詳)は、南北朝時代の女性である。本名は不詳。公家世尊寺家の一族で、一条経尹[1]あるいは一条行尹の娘、または一条行房の娘もしくは妹ともいう。『太平記』に新田義貞の妻の一人[注 1]として登場する。

人物[編集]

鎌倉時代後期に後醍醐天皇の討幕運動に加わり、鎌倉陥落に功績のあった上野国の新田義貞の妻になったといわれ、建武の新政を開始した後醍醐天皇が義貞への恩賞として与えられたという。

建武3年(1336年)初頭、新田義貞は新政から離反した足利尊氏楠木正成北畠顕家らとともに京都で破り、足利尊氏らは九州へ逃れたが、2月から3月にかけて義貞は尊氏追撃を行わなかった。その理由として、『太平記』では新田義貞は京都において勾当内侍との別れを惜しみ、出兵する時期を逃したとし、勾当内侍が結果的に義貞の滅亡の遠因を作った女性であるとする描き方がされている。

その後、尊氏が上京して後醍醐天皇を追い、新田義貞は恒良親王らを奉じて北陸地方へ逃れた。『太平記』よると、琵琶湖畔の今堅田において別れ、京にて悲しみの日々を送っていた勾当内侍は新田義貞に招かれ北陸へ向かった。

しかし義貞は足利軍の攻勢により延元3年/建武5年(1338年閏7月2日越前国藤島で戦死した。この新田義貞が戦死した藤島近くの三国湊は、勾当内侍の収入源のひとつだったことも指摘されている。

勾当内侍は杣山(福井県南条町)においてその戦死を知り、京で獄門にかけられた新田義貞の首級を目にして落飾して比丘尼になったと描かれている。また、勾当内侍の父と伝わる行房も新田義貞に従い、北陸で戦死していると記されている。

墓所と伝承[編集]

『太平記』によると、義貞の死後、勾当内侍は京都嵯峨にある往生院で、義貞の菩提を弔って余生を過ごしたという。その一方で、大津市堅田にある勾当内侍を祭神とする野上神社(野神神社)・菩提寺の泉福寺には、勾当内侍が琵琶湖琴ヶ浜に入水したという伝承があり、慰霊のための野上祭(野神祭)も行われている。

その後江戸時代講釈として『太平記』が広まると、各地に勾当内侍の墓所が作られた。そのうちの一つは群馬県太田市阿久津町(旧新田郡尾島町阿久津)にある。

実在疑問説[編集]

勾当内侍と新田義貞との関係を記した史料としては『太平記』があるのみであることから、南北朝時代が専門の歴史学者で福岡大学教授の森茂暁は、年代的な推定などから創作ではないかと考察しているほか[2]、さらには勾当内侍そのもの実在すら疑わしいとする説[誰によって?]もある。

また『太平記』における義貞が勾当内侍と色恋沙汰に落ちていたという時期は、実際は義貞が瘧病(おこりびょう)という名のマラリア性の熱病[3]に伏せていた時期ではないかという説もあり、日本中世史と日本医学史が専門の歴史学者で日本医科大学名誉教授の奥富敬之や、日本中世史が専門の歴史学者で東京都立大学名誉教授の峰岸純夫らがこの説を支持している[4][5]

補注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 正妻は安東氏の娘。

出典[編集]

  1. ^ 『尊卑分脈』による。また、同書上には「新田義貞朝臣室」との記載がある。
  2. ^ 森・196頁
  3. ^ 峰岸・104頁
  4. ^ 奥富・180頁
  5. ^ 峰岸・104頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]