楠木正季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
楠木正季
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代
生誕 不詳
死没 延元元年/建武3年5月25日1336年7月4日
改名 和田(みきた・にぎた)正季
別名 龍泉七郎
墓所 観心寺
主君 後醍醐天皇
氏族 楠木氏
父母 父:楠木正遠(諸説あり)、母:橘盛仲の娘
兄弟 正俊(俊親)正成正季正家
正氏行忠高家賢快賢秀

楠木 正季(くすのき まさすえ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代の武将。河内国豪族楠木正成の弟。七郎・帯刀と称した。

概要[編集]

1336年建武7年/延元元年)に兄の正成は九州から京都を目指す足利尊氏の軍に対して新田義貞の指揮下で戦う事を命じられ、湊川の戦いで敗北する。そして、兄・正成と共に、自害して果てた。

古典『太平記』などには兄・正成と刺し違えて自害したと記され、このとき有名な「七たび人間に生まれ変わっても、朝敵を滅ぼす」と誓い、刺し違えて死んだという。幕末にはこれに「国に報いる」の意が加わり「七生報国」の言葉が成立した。

野口雨情の先祖という伝承もある[1]

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平輪, 光三、佐々木, 靖章 『野口雨情』(snippet) 日本図書センター、1987年 p.15 によれば楠木正季より数えて十代の野ロ勝親が、徳川光圀から賜ったとつたわる茶碗を親友にゆずったとある。

関連項目[編集]