弘仁・貞観文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

弘仁・貞観文化(こうにん・じょうがんぶんか)とは、日本史において、弘仁貞観年間を中心とする平安時代前期(ほぼ9世紀に相当)の文化。この期間を弘仁・貞観時代という。なお、日本美術史では20世紀末頃から「弘仁・貞観時代」という表記をあまり用いなくなり、「平安時代前期」と称することが多くなっている[1]

特色[編集]

  • 平安京を中心とした貴族文化で、晩唐文化の影響が見られる。
  • 天台宗真言宗など密教の影響が濃い仏教文化でもある。
  • 神仏習合の動きが強まったのがこの時期である。

文学[編集]

漢詩文集

史書

詩論

説話集

建築[編集]

室生寺五重塔

比叡山延暦寺高野山金剛峯寺など山中に寺院が建立されることが多くなり、飛鳥や平城京に建立された寺院と異なり自由な伽藍配置となっている。また、檜皮葺の屋根も特徴。

彫刻[編集]

仏像は前代に流行した金銅仏、乾漆造、塑造などが影をひそめて木造が主流となり、一木造で、着衣が波打つ翻波式が特徴。

絵画[編集]

密教絵画が多い。

書道[編集]

空海嵯峨天皇橘逸勢三筆と称された。

教育[編集]

有力貴族は子弟の教育のため大学別曹という私的な寄宿施設を設け、後に大学寮の付属となった。大学別曹としては、和気広世創立の弘文院藤原冬嗣創立の勧学院橘嘉智子橘氏公創立の学館院在原行平創立の奨学院の4つが有名。

教科には中国史や漢文学を学ぶ紀伝道が成立し、法律を学ぶ明法道・儒学を学ぶ明経道・数学を学ぶ算道と共に教えられた(特に重視されたのは紀伝道)。

一般庶民のための教育機関としては、空海が創立した綜芸種智院があった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ たとえば、山根有三監修『日本美術史』(美術出版社、1977)のp109には、「弘仁・貞観」という特定の年号でこの時代を代表させることは「適切でない」ので、「現在はあまり用いられない」とある。