乾漆造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
不空羂索観音立像(東大寺法華堂、国宝
十一面観音立像(聖林寺(奈良)、国宝)
如意輪観音像(観心寺(大阪)、国宝)

乾漆造(かんしつぞう)とは、漆工の技法の一つであり、また東洋における彫像制作の技法の一つである。

麻布や和紙をで張り重ねたり[1]、漆と木粉を練り合わせたものを盛り上げて形作る方法である。

源流は中国にあり、中国では「夾紵」(きょうちょ)あるいは「ソク(土偏に「塞」)」と呼ばれた技法である。器物や棺、彫像などの製作にも用いられた。日本では7世紀末から8世紀にかけて仏像の制作に多用されたが、平安時代以降は衰退した。

彫像における乾漆造の種類[編集]

乾漆造には麻布を1センチほどの厚みに貼り重ねて形成する「脱活乾漆造」と、これを簡略化した技法と思われる「木心乾漆造」がある。

脱活乾漆造[編集]

制作方法を簡単に説明すると、次の通りである。

まず、木製の芯木で像の骨組みを作り、その上に粘土(塑土)を盛り上げて像の概形を作る。この上に麻布を麦漆で貼り重ねて像の形を作る。漆とは漆に麦粉(メリケン粉のようなもの)を混ぜてペースト状にしたもので、接着力が強い。麻布の大きさ、貼り重ねる厚さなどは像によって異なるが、おおむね1センチほどの厚さにする。こうしてできた張り子の像の上に抹香漆(まっこううるし)または木屎漆(こくそうるし)を盛り上げて細部を形作る。抹香漆とは、麦漆にスギマツなどの葉の粉末を混ぜたものであり、木屎漆とは麦漆におがくずヒノキ材をのこぎりで曳いた際のくず)や紡績くずなどを混ぜたものである。奈良時代には抹香漆、平安時代以降は木屎漆が主に使われた。

なお、像の形が完成した後は、背面などの目立たない部分を切開して中味の塑土を掻き出し、補強と型崩れ防止のために内部に木枠を組む。

この技法による像は、東大寺法華堂(三月堂)、興福寺唐招提寺などに現存し、日本彫刻史上著名な作品が多く含まれる。しかし、高価な漆を大量に用いる上、制作にも手間がかかるため、平安時代以降はほとんど作られなくなった。奈良・当麻寺(たいまでら)金堂の四天王立像は、破損甚大ながら、日本における脱活乾漆像の最古例と見なされる。

木心乾漆造[編集]

像の概形を木彫で作り、この上に麻布を貼り、抹香漆または木屎漆を盛り上げて完成させる像である。脱活乾漆像が中空の像であるのに対し、木心乾漆像の像内には木心が残ったままであり、麻布もさほど厚くは貼らない。平安時代前期の仏像の中には、木彫り像の一部に木心乾漆技法を併用して表情、装身具などの細部を形作っている例も多く、「木造」か「木心乾漆造」か、機械的に分けるのが困難な場合もある。 脱活乾漆像には乾燥すると収縮し像が痩せる特徴があり、対して木心乾漆造像は痩せが少ないため、ふくよかな像に適していたと考えられる[2]

木心乾漆造像は原型となる木心の組み方・構造によって以下のように分類される[2]

木骨木心乾漆造像
脱活乾漆像の麻布に当たる部分を、薄く削った木彫に替えたもの。
木寄せ式木心乾漆造像
木骨木心像の木彫部分を厚めにして強度を持たせ、内部の木心を取り除いたもの。
一木彫木心乾漆造像
木心の部分を一木から削りだしたもの。重量軽減やひび割れ防止のために内刳りを施す例が多い。前の2つの方法は上に塗った漆に木心は隠される前提で作られるが、一木彫像は木像に近く、細部もある程度掘り出され塗られる漆の厚みも薄い。
木体木心乾漆造像
一木彫式を寄せ木で簡便に作ったもの。後世の寄木造ほど組み方に厳密な規則性はない。

代表的な作品[編集]

脱活乾漆造の乾漆仏[編集]

  • 東大寺法華堂(三月堂)不空羂索観音立像、梵天・帝釈天立像、四天王立像、金剛力士・密迹力士立像
  • 唐招提寺金堂 本尊盧舎那仏坐像
  • 唐招提寺 鑑真和上坐像
  • 当麻寺 四天王立像
  • 興福寺 八部衆立像(阿修羅像含む)
  • 興福寺 十大弟子立像
  • 葛井寺(大阪) 千手観音坐像

木心乾漆造の乾漆仏[編集]

  • 唐招提寺金堂 千手観音立像、薬師如来立像
  • 聖林寺(奈良) 十一面観音立像
  • 観音寺(京都) 十一面観音立像
  • 興福寺北円堂 四天王立像

木彫に木心乾漆技法併用の乾漆仏[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この技法は現在の繊維強化プラスチックと同じである。
  2. ^ a b 久野健 編『彫刻』<日本史小百科>、近藤出版社、1985年 pp.126-129.

関連項目[編集]