楊堅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
文帝 楊堅
初代皇帝
Sui Wendi Tang.jpg
王朝
在位期間 581年3月4日 - 604年8月13日
都城 大興城(長安
姓・諱 楊堅
諡号 文皇帝
廟号 高祖
生年 大統7年6月13日
541年7月21日
没年 仁寿4年7月13日
604年8月13日
楊忠
呂苦桃
皇后 独孤皇后
陵墓 太陵
年号 開皇 : 581年 - 600年
仁寿 : 601年 - 604年

楊 堅(よう けん、541年7月21日 - 604年8月13日)は、中国の初代皇帝(在位:581年3月4日 - 604年8月13日)。小名は那羅延。文皇帝廟号は高祖。第2代皇帝煬帝の父。

生涯[編集]

出生[編集]

楊堅は、北周大将軍楊忠と呂氏の間に生まれた。楊氏は漢民族後漢楊震の末裔を称し、弘農郡華陰県(現在の陝西省渭南市)を本貫とした。しかし、漢族出身ではなく北方異民族の普六茹氏の子孫という説がある[1][2][3][4][5][6][7][8][9]

隋書』の「本紀」には、楊堅の誕生に関して以下の話を載せている。楊堅が生まれたのは、541年大統7年)6月13日、生まれた場所は、馮翊陝西省大茘県)の般若寺という仏寺であり、幼名は金剛力士をあらわす那羅延であったという。この時代、熱心な仏教信者でなくとも、名前に仏教語を使用するのは一般的なことではあったが、楊堅の場合は乳母役を引き受けて養育したのが智仙という尼僧であったという。このようなことから、楊堅は幼少の頃から仏教に親しみを持っていたものと考えられる。

また、初の護法僧法琳の『弁正論』によると、その般若寺は北周武帝廃仏によって廃毀されたが、楊堅は即位後の585年に出生地を懐かしみ、父母への追善供養の意味も込めて、その場所に後の日本の国分寺に相当する大興国寺を建立し、華麗な荘厳を施された堂塔伽藍を建立したと記している。

実力をつける楊堅[編集]

楊堅は、14歳のとき、京兆尹薛善に召されて功曹となった。15歳で父の功績により散騎常侍・車騎大将軍・儀同三司となり、成紀県公に封じられた。16歳で驃騎大将軍に転じ、開府儀同三司の位を受けた。北周の明帝が即位すると、右小宮伯となり、大興郡公に進んだ。武帝が即位すると、左小宮伯に転じ、隋州刺史として出向し、位は大将軍に進んだ。父の楊忠の死後、隋国公の爵位を嗣いだ。

北斉の平定にも戦功を挙げ、位は柱国に進み、定州総管に任ぜられた。のちに亳州総管に転じた。

578年、楊堅は長女の楊麗華を北周の宣帝の皇后として立てさせ、自身は上柱国・大司馬となって権力を振るった。579年、大後丞・右司武となり、大前疑に転じた。580年5月、揚州総管となるが、宣帝が死去したため、楊堅は静帝の下で左大丞相となり、北周の実権を掌握した。6月以降、尉遅迥司馬消難王謙らに反乱を起こされたが、楊堅はこれを武力で鎮圧した。9月には大丞相となり、12月には相国・総百揆・都督内外諸軍事・隋王に上った。翌581年2月、静帝から禅譲させて皇帝に即位し、隋王朝を開いた。後には静帝を初めとする北周の皇族の宇文氏一門を皆殺しにした[10]

皇帝として[編集]

楊堅は大興(後に長安)を都として定めた。そして587年には後梁を、589年にはを滅ぼして、西晋滅亡以来約300年にわたり乱れ続けてきた中国全土を統一することに成功した。598年には高句麗に対し第1次高句麗遠征を行った。

楊堅は内政にも力を注いだ。まず、開皇律令を公布、中央官制を三省六部に整え、さらに地方に対しては郡を廃して州・県を設置した。また、官僚の登用においても九品中正法を廃止し、新たに科挙制度を設けた。さらに貨幣の統一、府兵制均田制などの新制度を設けるなど、中央集権体制を磐石なものとした。また、仏教の興隆にも尽力し、その仏教を重視した政策は、仏教治国策とまで称せられた。

楊堅の死について[編集]

楊堅の長男の楊勇皇太子に立てられていたが、独孤皇后楊素らの画策で廃嫡され、次男の楊広(後の煬帝)が代わって太子に立てられた。604年、楊堅は仁寿宮で病の床についたが、楊広が楊堅の寵愛する宣華夫人に手を出そうとしたことを、難を逃れた夫人から直接聞いて、「畜生になんで大事を託せようか。独孤(皇后)がわしを誤らせたのだ」と言い、「我が子を呼べ」と叫んで、楊勇を呼び出そうとした。その直後に楊堅は亡くなった。享年64。

病床の楊堅が、廃太子楊勇を呼び出そうとしたことを柳述・元厳が楊素に報告し、楊素が太子楊広に報告すると、楊広が張衡を楊堅の寝殿に派遣し、夫人や後宮の侍従が別室に離れた直後に、楊堅は亡くなったとする。

以上の説は、宮崎市定が『隋の煬帝』(中公文庫)で説くように、煬帝の暴君伝説がさまざま作られるなかで成立した部分が多いようである。唐初に成立した『隋書』では、「本紀」ではなく「列伝第一」「后妃伝」に記されている。

后妃[編集]

子女[編集]

男子[編集]

  • 廃太子 楊勇(房陵王)
  • 晋王 楊広(煬帝)
  • 秦王 楊俊
  • 蜀王 楊秀(庶民に落とされた)
  • 漢王 楊諒(庶民に落とされた)

女子[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アーサー・F・ライト 『隋代史』 法律文化社1982年11月、64頁。「隋朝の創業者である楊堅は、黄河平原の西端近く(弘農郡華陰県=陝西省渭南地区華陰県)に本貫のある古い名族に生まれた。その祖先は六代のあいだ、北朝の非漢族諸王朝のもとで官人となり、支配階級であるトルコ・モンゴル(鮮卑)エリートの一族との通婚によってその権力と地位を維持してきた。楊堅の父である楊忠は、最初、北魏に仕えていたが、五三四年、北魏が西魏と東魏に分裂したとき、楊忠は西魏の創業者である宇文泰に忠節を尽くす道を選んだ。楊忠は、文武にわたる功績により、高位で酬いられ、隋公(隋国公)に封ぜられた。また、五世紀末年の徹底的な漢化政策において漢姓に変更されたトルコ・モンゴル(鮮卑)の姓を宇文泰が、その部下に対して復活したとき(虜姓再行)、彼のもとで軍功を立てた漢姓の者に漢姓と同じ意味の(鮮卑)の姓を授けた。楊忠は、モンゴル語で柳の一種(楊)を意味するブルスカンの転じた普六如という姓を授けられた。」
  2. ^ 姚薇元『北朝胡姓考(修訂本)』(中華書局2007年)P72-73は、楊氏(普六茹氏)は雁門茹氏、つまりは茹茹(蠕蠕、柔然)の後裔とみる。
  3. ^ 『文藝春秋SPECIAL』2016年7月号、文藝春秋社、p205楊海英「たとえば、六世紀の終わり、三百年ぶりにシナ地域を統一した隋は北方遊牧民のひとつ、鮮卑系の王朝だった。それが漢人編纂の後の史書では、後漢の名臣、楊震の子孫であると漢化されて伝えられてきたのである」
  4. ^ 『文藝春秋SPECIAL』2016年7月号、文藝春秋社、p67岡田英弘「この隋も鮮卑族の国ですから、シナは完全にアルタイ化してしまうわけです」「隋、唐ともの鮮卑人のつくった王朝です」
  5. ^ 岡田英弘 『中国文明の歴史』 講談社講談社現代新書〉、2004年12月18日、102頁。ISBN 978-4061497610「この時代の王朝である隋も唐も、その帝室は鮮卑系の王朝であった北魏、西魏、北周のもとで実現した、鮮卑族と、鮮卑化した漢族の結合した集団のなかから出てきたものである。」
  6. ^ 加藤徹 『貝と羊の中国人』 新潮社〈新潮新書 169〉、2006年6月16日ISBN 978-4106101694p112₋p113 「隋の楊氏も唐の李氏も、遊牧民族である鮮卑族の血を、濃厚に引いていた」
  7. ^ 守屋洋中国皇帝列伝PHP研究所PHP文庫〉、2006年11月2日、109頁。ISBN 978-4569667300「楊氏はもと胡族(鮮卑)から出たのではないかと言われているが、このほうがむしろ信憑性が高いかもしれない」
  8. ^ 外山軍治礪波護「隋唐世界帝国」『東洋の歴史5』人物往来社1967年、p12「楊という漢姓を名乗っているが、その実は中国化した鮮卑人であろうという説が有力である」
  9. ^ 日本大百科全書『鮮卑』 - コトバンク 佐藤智水「その後の北朝王朝(北魏、東魏、西魏、北斉、北周)および隋・唐王朝の宗室も祖先は鮮卑系である」
  10. ^ 例外として、虞国公の宇文興(宇文韜(宇文泰の祖父)の兄の宇文阿頭の孫、宇文仲の子)、宇文洛(字は永洛)父子の系統のみは許されて、に仕えて存続した。
先代:
皇帝
初代:581年 - 604年
次代:
煬帝