楊秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

楊 秀(よう しゅう、573年 - 618年)は、中国文帝(楊堅)の四男。蜀王に封ぜられたが、庶人に落とされた。

経歴[編集]

楊堅と独孤伽羅の間の子として生まれた。581年、隋が建てられると越王に封じられ、のち蜀王に移封された。また柱国・益州刺史・益州総管に任ぜられ、二十四州諸軍事を務めた。582年、本官のまま、位は上柱国・西南道行台尚書令に進んだ。592年、内史令・右領軍大将軍となった。間もなく再び蜀に出鎮した。

楊秀は奢侈を好み、車馬や衣服については、皇帝にしか許されないものを用いた。皇太子楊勇が廃位され、晋王楊広が皇太子となると、楊秀は不満を漏らした。楊広は後の変事を恐れて、ひそかに楊素を使って楊秀の罪状を探しだし、密告させた。602年、楊秀は長安に召還され、その罪を責められ、官爵を剥奪されて庶人に落とされた。

後に諸子とともに軟禁された。

煬帝(楊広)の即位後も禁錮されたままであった。618年宇文化及が煬帝を殺害すると、楊秀を皇帝に立てようとしたが、議論によりしりぞけられた後、諸子とともに殺害された。

伝記資料[編集]

  • 隋書』巻四十五 列伝第十
  • 北史』巻七十一 列伝第五十九