氣賀澤保規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

氣賀澤保規(けがさわ やすのり、1943年- )は、日本の歴史学者、中国史専攻、元明治大学教授、明治大学東アジア石刻文物研究所客員研究員[1]

経歴[編集]

長野県出身。京都大学文学部卒、同大学院博士課程修了。佛教大学助教授、富山大学教養部助教授を経て、1995年明治大学文学部教授となる。1996年『府兵制の研究』で京大文学博士。2014年3月定年退職[2][3][4]。「気賀沢」と表記されることもある。

主な著書[編集]

  • 則天武后』 (白帝社「中国歴史人物選」、1995年2月/講談社学術文庫、2016年11月)
  • 『府兵制の研究―府兵兵士とその社会』(同朋舎「東洋史研究叢刊」 1999年2月)
  • 『中国の歴史 6 絢爛たる世界帝国 隋唐時代』 (講談社 2005年6月)

主な共編著[編集]

  • 『中国仏教石経の研究―房山雲居寺石経を中心に―』(京都大学学術出版会、1996年3月)
  • 『中国石刻資料とその社会―北朝隋唐期を中心に―』明治大学東洋史資料叢刊4(明治大学東アジア石刻文物研究所、2007年9月)
  • 『新版唐代墓誌所在総合目録』(明治大学東アジア石刻文物研究所、明治大学文学部アジア史専攻氣賀澤研究室、2009年10月)
  • 『洛陽学国際シンポジウム報告論文集―東アジアにおける洛陽の位置―』明治大学東洋史資料叢刊8(明治大学東アジア石刻文物研究所、2011年3月)
  • 『遣隋使がみた風景―東アジアからの新視点―』(八木書店、2012年2月)
  • 『中国中世仏教石刻の研究』(勉誠出版、2013年3月)
  • 『隋唐佛教社會の基層構造の研究』明治大学東洋史資料叢刊12(明治大学東アジア石刻文物研究所、2015年9月)

主な翻訳[編集]

  • 劉煒編著、氣賀澤保規編訳『図説三国志の世界』(大修館書店、2001年6月)
  • 馬長寿著、氣賀澤保規訳・序文、梶山智史翻訳協力『碑刻史料からみた前秦隋初期の關中部族』(科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書「中国南北朝後期隋唐期の石刻文字資料の集成・データベース構築と地域社会文化の研究」平成15年度-平成17年度、2005年3月)[5]

記念論文集[編集]

  • 『明大アジア史論集』18号、氣賀澤保規先生退休記念号(明治大学東洋史談話会、2014年3月)

脚注[編集]

  1. ^ 特定課題研究ユニット詳細 2015年度―明治大学東アジア石刻文物研究所―”. 明治大学. 2016年2月8日閲覧。
  2. ^ 氣賀澤保規「隋唐時代への彷徨40年―私の歩んだ中国史―」(『明大アジア史論集』18号、氣賀澤保規先生退休記念号、2014年3月)
  3. ^ 氣賀澤保規「私が東洋史を志したころ」(『東方』400号、2014年6月)
  4. ^ 氣賀澤保規「私の研究履歴のなかの科研費と学振」(『私と科研費』73、2015年2月)”. 日本学術振興会. 2016年2月8日閲覧。
  5. ^ 明治大学図書館「明大文庫」所蔵

外部リンク[編集]