淵蓋蘇文 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
淵蓋蘇文
各種表記
ハングル 연개소문
漢字 淵蓋蘇文
発音 ヨン・ゲソムン
日本語読み: えん がいそぶん
ローマ字 Yeon Gaesomun
テンプレートを表示

淵蓋蘇文 』(えん がいそぶん、ヨン・ゲソムン)は、韓国SBSで2006年7月8日から2007年6月17日まで毎週土日に放送されたテレビドラマである。日本では、KNTVBS朝日で放送。全100話。

出演[編集]

高句麗[編集]

新羅[編集]

百済[編集]

隋、唐[編集]

スタッフ[編集]

論争[編集]

香港中国評論新聞網中国語: 中國評論通訊社2007年3月13日付けは、ドラマの中で、太宗楊万春の放った矢により片目を失明するシーンがあるが、これは中国と朝鮮の正史にはなく、高麗時代以降の朝鮮の野史に登場するだけであり、信憑性が疑わしいのに、ドラマの中で描かれていることに中国の視聴者から不満がでていると報じた。同じく重慶晩報2007年3月12日付けは、太宗が矢に打たれて失明したり、刀に腹を刺されるシーンは歴史の歪曲と批判した。他に中国通信社2008年11月25日付けは、ドラマの中で座っている煬帝の背後の屏風に中国の毛沢東の詩『雪』 が書かれていることに中国の視聴者が怒っており、高句麗関連のドラマは矛盾が多く、客観的事実に基づいていないと報道した[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 金光林「中韓両国の歴史・文化摩擦に対する文明史的考察」『新潟産業大学人文学部紀要』No.20、2008年10月