禰寝重長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
禰寝重長
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文5年(1536年
死没 天正8年3月16日1580年3月31日
別名 重武、通称:七郎
戒名 月窓成円大居士
墓所 鹿児島県南大隅町の宝屋寺
官位 右近大夫
主君 肝付兼続島津義久
氏族 禰寝氏
父母 父:禰寝清年、母:島津忠興
正室:肝付兼続
重張本田忠親

禰寝 重長(ねじめ しげたけ[1])は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将禰寝氏16代当主。

禰寝氏は大隅国国人

永禄4年(1561年)、肝付兼続に従って大隅国内に出陣する。その後も肝付氏に従って島津氏と戦ったが、兼続の死で肝付氏の形勢が不利になると、元亀4年(1573年)、島津義久と単独で和睦した。このため、肝付兼亮伊地知重興に攻められることとなったが、これは島津軍の援軍によって撃退している。

また、重長は内治において優れた才を発揮し、対貿易や商業の奨励を盛んに行なった。温州みかんの栽培を日本で最初に行った人物といわれている。

天正8年(1580年)死去。嫡子・重張が17代当主となり、島津氏の重臣として引き続き仕えた。

脚注[編集]

  1. ^ 「しげなが」と読む文献が多いが、史料上「重武」と充てるものもあるので、この読みは誤りと考えられる。なお名字表記も根占(禰占)と記される場合も多い(根占献一『東西ルネサンスの邂逅ー南蛮と禰寝氏の歴史的世界を求めて』と諸論考などによる)。