ツタウルシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ツタウルシ
Toxicodendron orientale 1.JPG
福島県西吾妻山 2014年6月
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
階級なし : 真正バラ類II Eurosids II
: ムクロジ目 Sapindales
: ウルシ科 Anacardiaceae
: ウルシ属 Toxicodendron
: ツタウルシ T. orientale
学名
Toxicodendron orientale Greene[1]
シノニム
和名
ツタウルシ(蔦漆)[5]

ツタウルシ(蔦漆、学名:Toxicodendron orientale )は、ウルシ科ウルシ属落葉蔓性木本。雌雄異株有毒植物[5][6][7]

特徴[ソースを編集]

気根を出して、他の樹木の幹を這い上がり、日の当たる場所でを広げる。若い枝には褐色の毛が密生するが、のちに毛は無くなり、小さい赤褐色の皮目が多数できる。は互生し、3出複葉で、葉柄は長さ3-10cmになり、葉柄には褐色の毛が散生する。小葉は卵状楕円形で、先は短くとがり、基部は鋭形から円形、頂小葉は長さ5-15cm、幅3-9cm、小葉柄は10-20mm、側小葉は長さ5-12cm、幅3.5-7cm、小葉柄は2-4mmになる。葉の表面は無毛、裏面の側脈の基部に褐色の毛が生え、葉の縁は全縁となるが、若い個体の場合は、小葉の縁に粗い鋸歯がある[5][6][7]

花期は5-6月。葉腋から総状花序を出して小さなが多数つく。片は5個で、長さ1-1.5mmになる楕円形で先が丸く色は緑色。花弁は5個あり、長さ2.5-3mmになる長楕円形で、黄緑色になり、雄花、雌花ともに反り返る。雄花には雄蕊が5個あり、雌花には退化した雄蕊5個と雌蕊が1個ある。花柱は先が3裂する。果実は直径5-6mmになる扁球形の核果で、8-9月に黄褐色に熟し、縦に筋があり表面に短毛が散生する。核果の外果皮はのちにはがれ、白いロウ質の中果皮が露出する[5][6][7]

葉は、晩秋に赤や黄色に紅葉する[5]

分布と生育環境[ソースを編集]

日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の落葉樹林内に生育する[5][6]高木などのに気根を出して巻き付いたりなどして這い上がり、または日の当たりのよい場所の倒木や岩盤、道路法面のコンクリート擁壁などを這いまわる。

海外では、樺太、南千島、朝鮮半島、中国大陸に分布する[5][6]

有毒成分[ソースを編集]

葉に成分のラッコールが含まれるため、触れるとひどくかぶれることがある[5]

下位分類[ソースを編集]

和名および学名の記載はYListによる。

  • タイワンツタウルシ Toxicodendron orientale Greene subsp. hispidum (Engl.) Yonek. - 中国にまれに産する[7]

ギャラリー[ソースを編集]

雄花序。 
雌花序。 
葉は3出複葉。 

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ツタウルシ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ ツタウルシ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  3. ^ ツタウルシ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  4. ^ ツタウルシ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  5. ^ a b c d e f g h 『樹に咲く花(離弁花2) 山溪ハンディ図鑑4』pp.290-291
  6. ^ a b c d e 『日本の野生植物 木本II』p.5
  7. ^ a b c d 『新牧野日本植物圖鑑』p.390

参考文献[ソースを編集]