大橋広好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大橋 広好(おおはし ひろよし、1936年4月26日 - )は、日本の植物学者東北大学名誉教授。

略歴[編集]

埼玉県朝霞町(現朝霞市)で生まれた。東京大学[1]東北大学で研究し、1970年から東北大学教授、八甲田山植物学実験所所長を務めた。マメ科の分類学研究で知られる。日本植物分類学会国際命名規約邦訳委員会の委員長を務め、国際植物分類学連合英語版命名法委員会種子植物委員、国際植物情報連合地球植物誌委員会委員も務めた。2002年に日本植物分類学会賞を受賞した。

1960年から原寛を団長に行われヒマラヤ植物調査団に1967年から参加し、『ヒマラヤ東部の植物』("Flora of Eastern Himalaya")の1975年の第3報告書は大橋が編集した[2]

H.Ohashiは、植物の学名命名者を示す場合に大橋広好を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 常設展 時を越える自然の証人-東京大学収蔵・植物標本-”. 東京大学総合研究博物館. 2014年12月18日閲覧。
  2. ^ 大場秀章 :ヒマラヤ植物の研究―その歩みと成果

外部リンク[編集]