イワガラミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イワガラミ
イワガラミ Schizophragma hydrangeoides.JPG
福島県会津地方 2008年6月
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
: ミズキ目 Cornales
: アジサイ科 Hydrangeaceae
: イワガラミ属 Schizophragma
: イワガラミ S. hydrangeoides
学名
Schizophragma hydrangeoides
和名
イワガラミ(岩絡み)

イワガラミ(岩絡み、学名:Schizophragma hydrangeoides )は、アジサイ科イワガラミ属落葉つる性木本。

分布と生育環境[編集]

北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の岩崖や林縁に自生する。

特徴[編集]

名前のとおり、幹や枝から気根を出して高木や岩崖に付着し、絡みながら這い登り、高さ10~15mくらいになる。山地の道路法面を上から這い下がる場合もある。には葉柄があり、枝に対生し、形は広卵形で10cmほどで、葉の先端は尖り縁の鋸歯はまばらになる。花期は6月~7月で、小さなややクリーム色の両性花が集まる花序のまわりに、白色の装飾花が縁どる。装飾花は花弁状の萼片が1枚しかない。

遠目からよく似るツルアジサイは、装飾花の萼片が4枚で葉の鋸歯が細かい。