ツルアジサイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ツルアジサイ
ツルアジサイ Hydrangea petiolaris.JPG
福島県会津地方 2008年6月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
: ミズキ目 Cornales
: アジサイ科 Hydrangeaceae
: アジサイ属 Hydrangea
: ツルアジサイ H. petiolaris
学名
Hydrangea petiolaris Siebold et Zucc.[1]
シノニム
和名
ツルアジサイ(蔓紫陽花)
英名
Climbing Hydrangea

ツルアジサイ(蔓紫陽花[5]学名 Hydrangea petiolaris )は、アジサイ科アジサイ属[注 1]落葉つる性木本。別名で、ゴトウヅル[1][6]、ツルデマリ[1]ともいう。

分布と生育環境[編集]

日本北海道本州四国九州に分布し[6]、山野の湿った場所で、岩崖や林縁に自生する。

特徴[編集]

落葉つる性の木本[6]、幹や枝から気根を出して高木や岩崖に付着し、絡みながら這い登り、高さ5 - 20メートル (m) くらいになる[6]樹皮は淡褐色から赤褐色で、幹は縦に裂けて剥がれるが、枝は明褐色で皮目は少ない[5]。枝は短枝もよく出る[5]。気根は2年枝から出始める[5]

には葉柄がついて枝に対生し、葉身の形は広卵形で10センチメートル (cm) ほど、葉の先端は尖り、葉縁鋸歯になる。

花期は6 - 7月で[6]、小さなややクリーム色をした5弁の両性花が集まる花序のまわりに、白色で4枚の花弁状の大きな萼片を持つ装飾花が縁どる[6]。冬になっても装飾花の萼片が、枯れ残っていることもある[5]果実は9 - 10月の褐色に熟し、種子には翼がある[6]。冬芽は枝先の頂芽は長卵形で大きく、枝に対生する側芽は小さい[5]。芽鱗は4枚あるが見えるのは外側の2枚だけで、その表面は滑らかである[5]

よく似ているイワガラミとともに若葉が山菜として食べられる[6]。蔓になり、アジサイ様の花序が出る点で共通するが、イワガラミは装飾花に発達する萼片が1枚だけである点で見分けられる[5]

ギャラリー[編集]

近縁種[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ APG体系クロンキスト体系ではアジサイ科 (Hydrangeaceae) に分類されるが、古いエングラー体系ではユキノシタ科 (Saxifragaceae) に分類されていた[1]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文『樹皮と冬芽:四季を通じて樹木を観察する 431種』誠文堂新光社〈ネイチャーウォチングガイドブック〉、2014年10月10日、89頁。ISBN 978-4-416-61438-9
  • 平野隆久監修 永岡書店編『樹木ガイドブック』永岡書店、1997年5月10日、205頁。ISBN 4-522-21557-6