ニシキギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニシキギ
W nisikigi5051.jpg
ニシキギ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
: ニシキギ目 Celastrales
: ニシキギ科 Celastraceae
: ニシキギ属 Euonymus
: ニシキギ E. alatus
学名
Euonymus alatus (Thunb.) Siebold
和名
ニシキギ(錦木)
英名
winged spindle、burning bush

ニシキギ(錦木、学名:Euonymus alatus)とはニシキギ科ニシキギ属の落葉低木。庭木や生垣、盆栽にされることが多い。カミソリノキとも呼ばれるが、これは茨城県栃木県塩谷郡日光市)の方言名であった(参照: #名称)。

特徴[編集]

日本の北海道本州四国九州のほか、国外では中国アジア北東部に分布し[1]、山野に自生する[2]。秋の紅葉を楽しむため、庭木としてもよく植えられる[1]。紅葉が見事で、ニッサ・スズランノキ[注 1]と共に世界三大紅葉樹に数えられる[3]

落葉の低木で、高さは2 - 4メートル (m) になる[1]は緑色で、若い枝では表皮を突き破ってコルク質の2 - 4枚の翼(よく)が発達する[2]。なお、翼が出ないもの品種もあり、コマユミE. alatus f. ciliatodentatus、シノニム E. alatus f. striatus 他)と呼んでいる[2]対生で、葉身は長さ2 - 7センチメートル (cm) の倒卵形から広倒披針形で[1]、葉縁には細かい鋸歯があり[2]マユミツリバナEuonymus oxyphyllus)よりも小さい。枝葉は密に茂る。

花期は初夏(5 - 6月)で、葉腋に淡黄緑色で小さく、あまり目立たない4弁の花を1 - 数個つける[2]果実蒴果で、楕円形をしており、秋に熟すと果皮が割れて、中から橙赤色でほぼ球形をした、仮種皮に覆われた小さい種子が露出する[2]。これを果実食のが摂食し、仮種皮を消化吸収したあと、種子をとして排泄し、種子散布が行われる。

名称[編集]

和名ニシキギの由来は、紅葉の美しさを錦に例えたことによる[1]。別名ヤハズニシキギ。日本の地方によって、キツネノカミソリなど[4]、以下のような方言名が存在する。

中国植物名は、衛矛(えいほう)という[4]英語では winged spindle〈翼のある紡錘〉あるいは burning bush〈燃え盛る茂み〉と呼ばれる[7]

栽培[編集]

栽培は容易で、繁殖は播種または挿し木で行う[2]。播種は秋に採取した種子をすぐに蒔き、挿し木は枝を10 - 15 cmに切って挿し、乾燥させないようにビニールで覆う[2]

紅葉を美しくするために西日を避けた日当たりの良い場所に植える。剪定は落葉中に行う。よく芽を付ける性質なので、生垣の場合は強く剪定してもよい。

利用[編集]

庭園樹、盆栽、公園樹によく用いられる[1]

日本では民間薬として、秋に採取した果実や、初夏に採った樹皮(翼)、を用いていて、それぞれ天日で乾燥させる[2]中国には無く、漢方では使用されない[2]。黒焼き用の枝葉は、アルミ箔に包んで焼き、黒いにして砕いて粉末にする[2]打撲の鎮痛、消炎とげ抜きの薬として用いられる。打撲・生理不順には樹皮・果実は1日量3 - 10グラムを水300 - 600 ccで半量に煎じ、3回に分けて服用する用法が知られている[8][2]。とげ抜きの場合は、黒焼きを米のりと練って、紙につけて貼ると、とげが出るので引き抜く[4][2]。身体を冷やす作用がある薬草のため、妊婦への使用は禁忌とされる[4]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 学名: Oxydendrum arboreumツツジ科。コーンビス (1994:143) ではスイバノキという和名がつけられている
  2. ^ 現代ではヒガンバナ科ヒガンバナ属の草本 Lycoris sanguinea var. sanguinea の標準和名とされている[6]
  3. ^ 現代ではニシキギと同じ科の別種 Celastrus orbiculatus var. orbiculatus の標準和名とされている[6]
  4. ^ 現代ではニシキギと同属だが別種の Euonymus japonicus の標準和名とされている[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 菱山忠三郎 2003, p. 366.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 馬場篤 1996, p. 85.
  3. ^ 森林植物園のいま”. kobe-park.or.jp. 財団法人神戸市公園緑化協会. 2020年4月10日閲覧。
  4. ^ a b c d 貝津好孝 1995, p. 232.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 八坂書房 (2001).
  6. ^ a b c 米倉浩司・梶田忠 (2003-).「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info (2019年5月28日).
  7. ^ Warren (2014).
  8. ^ 貝津好孝, 1995 & p-232.

参考文献[編集]

日本語:

  • アレン・コーンビス 著、濱谷稔夫 翻訳・監修『木の写真図鑑 完璧版日本ヴォーグ社、1994年。4-529-02356-7
  • 貝津好孝『日本の薬草』小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、232頁。ISBN 4-09-208016-6
  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、誠文堂新光社、1996年9月27日、85頁。ISBN 4-416-49618-4
  • 菱山忠三郎『ポケット判 身近な樹木』主婦の友社、2003年6月1日、366頁。ISBN 4-07-238428-3
  • 『日本植物方言集成』八坂書房、八坂書房、2001年、398頁。ISBN 4-89694-470-4

英語:

関連項目[編集]