ヒガンバナ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヒガンバナ属
ヒガンバナ
ヒガンバナ Lycoris radiata
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
: ヒガンバナ属 Lycoris
学名
Lycoris
(L’Hér.) Herb.
タイプ種
Lycoris aurea (L'Her.) Herb.
和名
ヒガンバナ属(彼岸花属)
英名
hurricane lily, cluster amaryllis
亜属

ヒガンバナ属(ヒガンバナぞく、彼岸花属、学名: Lycoris)は、キジカクシ目ヒガンバナ科(かつてのクロンキスト体系ではユリ科)の1。学名のままリコリスとも呼ばれるが、英語名のリコリス (liquorice, licorice) はスペインカンゾウのことを意味し、マメ科の別の植物である。

英語では、hurricane lily(ハリケーンリリー)、cluster amaryllis(クラスターアマリリス)、あるいは、近縁のハマオモト属ヒメノカリス属と合わせて spider lily(スパイダーリリー)と呼ぶ。

特徴[編集]

球根で育つ多年草

は細長く、30-60cm長×0.5-2cm幅。花茎は直立し、30-70cm高。

散形花序で4-10個のをつける。花の色は白色黄色赤色オレンジ色など。花被片花弁)は6枚で、ユリに似る。

リコリンなどのアルカロイドを持つ。

分布[編集]

主に、日本韓国中国南部に広く自生する。他に東南アジア南アジアにも部分的に分布する。

亜属[編集]

リコリス亜属 Lycoris
花被片が反り返っており、また花被片の数倍の長さの非常に長い雄しべを持つ。ヒガンバナなど。
シマンタス亜属 Symmanthus
雄しべは短く、花被片も反り返っておらず、ユリなどに似たラッパ型の花をしている。キツネノカミソリなど。

[編集]

他に多くの、不確実な種や雑種がある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • "Lycoris Herb" (英語). Integrated Taxonomic Information System. 2011年10月4日閲覧 (英語)
  • "Lycoris". National Center for Biotechnology Information (NCBI) (英語). (英語)
  • "Lycoris" - Encyclopedia of Life (英語)
  • 波田善夫. “ヒガンバナ科”. 植物雑学事典. 岡山理科大学. 2011年10月4日閲覧。
  • 栗田子郎. “ヒガンバナ属の生物学 Biology of Lycoris”. 草と木と花の博物誌 Natural History of Plants. 2011年10月4日閲覧。