コッツウォルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コッツウォルズのブロードウェイ塔

コッツウォルズ (Cotswolds) は、イングランド中央部に広がる標高300m以上に達する丘陵地帯であり、時としてイングランドの中心と呼ばれる。 コッツウォルズは、特別自然美観地域 (Area of Outstanding Natural Beauty) として指定されている。 この丘陵地帯の中で最も高いのは330mのクリーブヒルである。

コッツウォルズはグロスターシャーに属する面積が最も広く、そのほかサマセット州オックスフォードシャーウィルトシャーウォリックシャーウスターシャーの各にまたがっている。コッツウォルズとは「羊の丘」という意味である。

歴史[編集]

コッツウォルズの村の典型的な風景。蜂蜜色の石を積んでできた家が並ぶ

コッツウォルズは古い歴史を持ち、羊毛の交易で栄えていた。 現在でも、古いイングランドの面影を残した建物を見ることができる。 20世紀にはいり、その景観を活かした観光業が盛んになっており、毎年多くの観光客が訪れている。黄色みを帯び「蜂蜜色の石」「ライムストーン」とも称される石灰岩「コッツウォルズストーン」を使った建物群が特徴的な景観をなしている。

主な集落・都市[編集]

地理[編集]

  • 大都市からは長距離のコーチが出ている。
  • 町の間を移動するにはバスに乗る必要がある。

コッツウォルズゆかりの人物[編集]

企業[編集]

見所[編集]

  • チェルトナム画廊&博物館
  • パインズウィックのロココ式の庭園
  • バラの2200の種があるマームズベリー修道院家の庭

外部リンク[編集]