ニレ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニレ科
Zelkova serrata Noma keyaki01.jpg
ケヤキ Zelkova serrata
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: バラ目 Rosales
: ニレ科 Ulmaceae
学名
Ulmaceae
Mirbel

ニレ科(ニレか、Ulmaceae)は双子葉植物の科で、すべて木本ケヤキニレなど約6属35種を含み、多くは高木で、材木として利用されるものも多い。世界の熱帯から温帯にかけて分布するが、特に北半球温帯に多い。は単葉で互生し、基部が左右非対称なのが特徴。托葉があるが早く脱落する。は小型で目立たず、両性または単性(雌雄同株)、子房上位。放射相称で、花被片はふつう4-5枚あり、雄蕊は同数または2倍、雌蕊は2本に分かれる。果実翼果・堅果[1]

分類[編集]

かつてはエノキムクノキなどもエノキ亜科として本科に含まれていたが、現在はアサ科に移されている。

脚注[編集]

  1. ^ ulmaceae in apweb”. 2014年4月6日閲覧。

関連項目[編集]