夏油温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Hot springs 001.svg 夏油温泉
Getou.jpg
温泉街入口
温泉情報
所在地 岩手県北上市
座標

北緯39度12分45秒 東経140度53分13秒 / 北緯39.2125度 東経140.886944度 / 39.2125; 140.886944 (夏油温泉)座標: 北緯39度12分45秒 東経140度53分13秒 / 北緯39.2125度 東経140.886944度 / 39.2125; 140.886944 (夏油温泉)

夏油温泉
夏油温泉
夏油温泉
夏油温泉 (岩手県)
交通 アクセスの項を参照
泉質 塩化物泉
宿泊施設数 2
外部リンク 北上観光協会
テンプレートを表示
真湯(しんゆ)と川向いの目の湯

夏油温泉(げとうおんせん[1])は、岩手県北上市にある温泉北上市西部、焼石岳中腹の渓谷にある。

泉質[編集]

温泉街[編集]

「元湯夏油」「夏油温泉観光ホテル」の2軒の旅館が存在する。露天風呂への通りの両側には、湯治棟や売店、食堂、マッサージ屋などがひしめき合い、さながら街並みのような光景を形成している。

各旅館に内湯があるほか、渓谷沿いに「元湯夏油」が管理する露天風呂群が並んでいる。それぞれの浴槽の底または横から湯が湧き出している。日帰り入浴も可能だが、混浴と女性専用の時間帯が設定されている。

夏油温泉の石灰華」は、1941年に国の天然記念物1957年には国の特別天然記念物に指定された。この石灰華(通称:天狗岩)周辺では野湯を楽しむこともできる。

歴史[編集]

発見は850年以上前。開湯伝説によれば、平家の落人の末裔、高橋四郎左衛門が巨大な白猿と戦った翌年、その猿が気になって山中深く入った際に、温泉で傷を癒している姿を見て発見した。「夏油」という名称については、アイヌ語のクッ・オ(kut-o、「崖のあるところ」の意)が語源という説がある。

1965年昭和40年)]8月9日国民保養温泉地に指定。かつては自炊しながら長期滞在する湯治場としての利用が中心で、岩手県三陸地方秋田県からも農家や漁師が療養に訪れていた[1]

アクセス[編集]

北上市街から岩手県道122号夏油温泉江釣子線を渓谷沿いに車で1時間ほど。かつては岩手県交通北上駅から路線バスを運行していたが、2015年11月に廃止されたため、現在公共交通機関は運行していない。また冬季は夏油高原スキー場への分岐から先の道が通行止めとなるため行くことはできない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 【旅を旅して】夏油温泉(岩手県北上市)昭和の活況しのぶ秘湯『読売新聞』土曜朝刊別刷り「よみほっと」2022年7月10日1-2面

外部リンク[編集]