ナンテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナンテン
Starr 070621-7407 Nandina domestica.jpg
Nandina domesticaの花と果実
ハワイ、2007年6月21日)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
: キンポウゲ目 Ranunculales
: メギ科 Berberidaceae
亜科 : ナンテン亜科 Nandinoideae
: ナンテン属 Nandina
: ナンテン N. domestica
学名
Nandina domestica
Thunb.[1]
和名
ナンテン(南天)
英名
heavenly bamboo
栽培品種
  • フジナンテン N. d. 'Porphylocarpa'
  • シロミナンテン N. d. 'Shironanten'

ナンテン(南天、学名Nandina domestica)は、メギ科ナンテン属常緑低木。中国原産で、日本では縁起物として庭木として植えられることが多い。冬に赤くて丸い実をつける。咳止めの効果が期待できることから薬用植物としても扱われている。


名称[編集]

和名ナンテンの由来は、冬に赤い果実が目立つことから、中国では灯火を連想して南天燭といい、また葉が竹に似ることから南天竹と名付けられ、これを音読みして和名がつけられたとされる[2]。中国植物名(漢名)は南天竹(なんてんちく)[3]

南天の花は、仲夏の季語。実は三冬の季語。

分布・生育地[編集]

中国原産。日本東海道以西の本州四国九州のほか[4]東北中部東日本でもみられる。日本以外では中国インドに分布する[4]

暖地の山地渓間に自生し、古来より栽培もされている[5]。日本へは中国から渡来したといわれ[2]、観賞用に庭木としてや玄関前などに植えられることが多い[3]西日本、四国、九州に自生しているが、古くに渡来した栽培種が野生化したものだとされている。山口県萩市川上の「川上のユズおよびナンテン自生地」は、天然記念物(1941年指定)[6]

特徴[編集]

常緑の低木[5]。樹高は1 - 3メートル (m) 位[2][4]、高いもので4 - 5 mほどになり、株立ちとなる。は叢生し、幹の先端にだけが集まって付く独特の姿をしている[5]。葉は互生し、3回3出羽状複葉で[4]、小葉は広披針形で先端が少し突きだし、葉身は革質で深い緑色、ややつやがあり、葉縁は全縁。葉柄の基部は膨らみ、茎を抱く[5]。羽軸、小羽軸に関節があり、園芸種では形や色に変化がある[5]

花期は初夏(6月)ごろ、茎の先端の葉の間から、円錐花序を上に伸ばし、6弁の白いを多数つける[2][5]晩秋から初冬にかけて赤朱色または、ときに白色で、小球形の果実をつける[2][5]。果実は10月ごろに熟し[4]、果皮は薄く、破けやすい[5]。実の白いものはシロミノナンテンという種で、これもよく栽培されている[4]

利用[編集]

主に庭園樹として植えられたり、生け花の花材になるほか、葉と果実は薬用として用いられる[4]

栽培[編集]

寒冷地以外は栽培することができ、薬用に喜ばれる白い果実をつける種は希少価値がある[5]。繁殖は挿し木で増やすことができ、春の萌芽前に挿すか、梅雨時期に株分けを行う[5]

江戸時代に様々な葉変わり品種が選び出され、盛んに栽培された。古典園芸植物として現在もその一部が保存栽培されている。錦糸南天等とよばれる。園芸種オタフクナンテンは葉が紅葉しやすく真夏でも赤い葉を付ける。実がつかないのが特徴で、高さも50cm程度しか伸びないので、下草などと一緒に庭園によく使用される。葉がやや円形なので別名オカメナンテンとも呼ばれる。

稀に太く育ったものは、幹を床柱として使うことがあり、鹿苑寺(金閣寺)の茶室、柴又帝釈天の大客殿などで見られる。

縁起物として[編集]

音が「難転」即ち「難を転ずる」に通ずることから、縁起の良い木とされ、鬼門または裏鬼門に植えると良いなどという俗信がある。福寿草とセットで、「災い転じて福となす」ともいわれる。また、江戸の百科事典「和漢三才図会」には「南天を庭に植えれば火災を避けられる」とあり、江戸時代はどの家も「火災除け」として玄関前に植えられた[7]。赤い色にも縁起が良く厄除けの力があると信じられ、江戸後期から慶事に用いるようになった[7]。トイレの前にも「南天手水」と称し、葉で手を清めるためなどの目的で植えられた[7]。贈答用の赤飯にナンテンの生葉を載せているのも、難転の縁起からきている[5]

薬用・実用[編集]

葉は、南天葉(なんてんよう)[2]または南天竹葉(なんてんちくよう)という生薬[3]健胃解熱鎮咳などの作用がある。葉に含まれるシアン化水素は猛毒であるが、含有量はわずかであるために危険性は殆どなく、食品防腐に役立つ。このため、彩りも兼ねて弁当などに入れる。熊本県旧飽田町(現熊本市)では、すり潰したナンテンの葉の汁を濾したものを小麦粉の生地に加えた料理「しるかえ」を作る。[8][9]もっとも、これは薬用でなく、食あたりの「難を転ずる」というまじないの意味との説もあり[10]、当初から、殺菌効果があると分かって赤飯に添えられたり、厠(手洗い)の近くに植えられたのかは定かではない。

実は、南天実(なんてんじつ)[2]または南天竹子(なんてんちくし)といい[3]、11 - 12月から翌2月にかけて実が成熟したときに、果穂ごと切り取って採取し、天日で乾燥して脱粒する[2][5]。果実に含まれる成分としては、アルカロイドであるヒゲナミンイソコリジンドメスチン(domesticine)・プロトピンナンテニン(nantenine:o- methyldomesticine)・ナンジニン(nandinine)・メチルドメスチン[2]配糖体ナンジノシド(nandinoside)などの他、種子には脂肪油リノール酸オレイン酸フィトステロールや、プロトピンフマリン酸などが知られている[2]。鎮咳作用をもつドメスチンは、温血動物に対して多量に摂取すると、大脳、呼吸中枢の麻痺作用があり、知覚運動神経にも強い麻痺を引き起こすため[2]、素人が安易に試すのは危険である。また、近年の研究でナンテニンに気管平滑筋弛緩させる作用があることが分かった[11]。また、ナンジノシドは抗アレルギー作用を持ち、これを元にして人工的に合成されたトラニラスト抗アレルギー薬及びケロイドの治療薬として実用化されている[12]。脂肪油のリノール酸は、コレステロールの血管への沈着を防ぎ、動脈硬化の予防に役立つ[2]。赤い実も白い実も成分は同じで、薬効は変わらない[2]

知覚神経の局所麻酔、運動神経の麻痺作用があることから、鎮咳に有効とされていて、民間療法では、百日咳二日酔いに南天の実1日量3 - 10グラムを、水400 - 500 ㏄で半量なるまで煎じ、3回に分けて服用する用法が知られている[3][5]。ただし、ぜんそくの咳には南天実だけでは止められないので、専門医の指導で漢方薬を用いる必要がある[2]。のどの渇き、黄色い淡の出る人に良いと言われているが、ナンテンは毒性も併せ持つため用量に注意が必要となり、また身体が冷える人への服用は禁忌とされている[3]扁桃炎口内炎、のどの痛みには、うがい薬代わりに南天葉1日量10グラムを、水600 ccで煎じた液でうがいに用いる[2]湿疹には、葉を50グラムほどを布袋に入れて、浴湯料として風呂に入れる[3]。かつて、民間では船酔いにナンテンの葉を噛んでいた[5]

毒成分
ナンテニン、ナンジニン、メチルドメスチシン、プロトピン、イソコリジン、ドメスチシン、リノリン酸、オレイン酸
毒部位
全株、葉、樹皮、実、新芽
毒症状
痙攣、神経麻痺、呼吸麻痺

文化[編集]

  • 花言葉は「私の愛は増すばかり」、「良い家庭」。
  • 活け花などでは、ナンテンの実は長持ちし最後まで枝に残っている。このことから一部地方では、酒席に最後まで残って飲み続け、なかなか席を立とうとしない人々のことを「ナンテン組」という[13]
  • 1962年(昭和37年)2月20日発売の6円普通切手の意匠になった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2012年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 田中孝治 1995, p. 152.
  3. ^ a b c d e f g 貝津好孝 1995, p. 106.
  4. ^ a b c d e f g 菱山忠三郎 2003, p. 56.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 馬場篤 1996, p. 84.
  6. ^ 文化庁. “国指定文化財等データベース:主情報詳細”. 国指定文化財等データベース. 2011年11月22日閲覧。
  7. ^ a b c 常盤薬品「南天研究所~南天豆知識~」。
  8. ^ 日本の食生活全集43 聞き書 熊本の食 P.198, pp. 211 - 212 農文協刊 1987年 ISBN 4-540-87031-9
  9. ^ https://www.youtube.com/watch?v=oI30J_C4-wc
  10. ^ 北村・村田(1979)、p.173
  11. ^ Muneo Tsukiyama; et al. (2007). “The Extract from Nandina domestica THUNBERG Inhibits Histamine- and Serotonin-Induced Contraction in Isolated Guinea Pig Trachea”. Biological & pharmaceutical bulletin (The Pharmaceutical Society of Japan) 30 (11): 2063 - 2068. doi:10.1248/bpb.30.2063. ISSN 0918-6158. NAID 110006473483. https://doi.org/10.1248/bpb.30.2063. 
  12. ^ リザベン(トラニラスト)、病院でもらった薬の値段
  13. ^ 『土佐の風土と食べもの』岩貞好、223頁、調理科学4巻4号(1971年)

参考文献[編集]

  • 貝津好孝『日本の薬草』小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、106頁。ISBN 4-09-208016-6
  • 北村四郎・村田源『原色日本植物図鑑・木本編II』保育社、1979年。
  • 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』講談社〈ベストライフ〉、1995年2月15日、152頁。ISBN 4-06-195372-9
  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、誠文堂新光社、1996年9月27日、84頁。ISBN 4-416-49618-4
  • 菱山忠三郎『ポケット判 身近な樹木』主婦の友社、2003年6月1日、56頁。ISBN 4-07-238428-3
  • 茂木透写真『樹に咲く花 離弁花2』高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、144 - 145頁。ISBN 4-635-07004-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]