アフリカン・ブラックウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アフリカン・ブラックウッド
Dalbergia melanoxylon - Arusha gardens 2.jpg
Dalbergia melanoxylon
保全状況評価[1]
LOWER RISK - Near Threatened
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 NT.svg
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ上類 superrosids
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
: ツルサイカチ属 Dalbergia
: アフリカン・ブラックウッド D. melanoxylon
学名
Dalbergia melanoxylon
Guill. & Perr.
英名
African Blackwood

アフリカン・ブラックウッド英語: African blackwood; 学名:Dalbergia melanoxylon Guill. & Perr.)は、アフリカ熱帯季節林に育つマメ科ツルサイカチ属被子植物である。セネガル共和国から東はエリトリア国[要出典]、南は南アフリカ共和国トランスヴァール共和国にかけてを原産とする。楽器業界におけるグラナディラ(grenadilla)や木材業者が名付けたアフリカコクタン[2]、またムピンゴスワヒリ語: mpingo[3])という名称でも知られている。

種小名 melanoxylonギリシア語で〈黒い〉を表す形態素 melano-(参照: 古典ギリシア語 μέλας現代ギリシア語 μελανός)と〈木〉を表す形態素 xylon(参照: 古典ギリシア語 ξύλον)との合成であり、英名の blackwood とほぼ同義である。

ワシントン条約附属書IIの適用対象である(参照: #他の木材との関係)。

概要[編集]

アフリカン・ブラックウッド

木材の濃さや光沢は、赤みを帯びたものから純粋な黒まである。この木材は、乾燥をゆっくり進ませて割れが発生するのを抑えるために、心材とははっきりと区別できる明るい黄白色の辺材をつけたままで製材されるのが一般的である。質の良いアフリカン・ブラックウッドは工業用木材市場で高値で取引される。

この木はババナス (Babanus) やグラナディラ(グレナディラ、Grenadilla)とも呼ばれており、これらの名称は様々な地方の英語の方言において借用語としてみられる。

過度の伐採が原因で、アフリカン・ブラックウッドの木はケニアで深刻な状況にあり、タンザニアモザンビークでは注意喚起の段階とされている。アフリカン・ブラックウッドの木は持続不可能な速さで伐採されている。これは一部はケニアへの違法な密輸のため、また、成熟するのに60年以上かかるためでもある。

分布[編集]

アンゴラウガンダエチオピアカメルーンケニアコートジボワールコンゴ民主共和国ザンビアジンバブエスーダンセネガルタンザニアチャド中央アフリカ共和国ナイジェリアナミビアブルキナファソボツワナマラウイマリ南アフリカ共和国ムプマランガ州リンポポ州)、南スーダンモザンビークに自生する[1]

特徴[編集]

低木あるいは高木で、7メートルの高さに達し、灰色の樹皮とげで被われた枝を持つ[4]は、乾季には落ち、互生葉序で、6-22センチメートルの長さがあり、羽状であり[要出典]、9-13枚の[4]交互に配列した小葉を持つ。は小さくて白く甘い香りを持ち[4]、密集した房状に咲く。には灰色で紙状のがあり細長く扁平、長さは7センチメートルまでで両端が尖っており、種子が1-2個入っている[4]

他の木材との関係[編集]

用途[編集]

アフリカン・ブラックウッドの備える音色の特性は、主にクラリネット[2]オーボエハイランド・パイプノーサンブリアン・パイプ Northumbrian pipes といった木管楽器バグパイプに使用される時に特に高く評価される。エジプトの時代から家具の製造業者はこの木材を高く評価してきた。アフリカン・ブラックウッドは商船底荷(バラスト)としても用いられてきた。また、いくつかの積極的なノーサンブリアン・パイプの製造業者は、古くなり処分されたアフリカン・ブラックウッドの底荷を非常に効果的に生かして再利用した。

グレッソGresso、ロシアに拠点を置く携帯電話端末の製造業者)は、アフリカン・ブラックウッドで仕上げた高級な携帯電話の販売を最近始めた[7]

保護プロジェクト[編集]

2つの団体がアフリカン・ブラックウッドの保護に関わっている。ムピンゴ保護プロジェクト the Mpingo Conservation Project とアフリカン・ブラックウッド保護プロジェクト the African Blackwood Conservation Project である。

ムピンゴ保護プロジェクト(MCP)は、アフリカン・ブラックウッドの研究、認識の向上および実践的な保護に関わっている。 アフリカン・ブラックウッドを収穫する地域に住んでいる地元の人々が、生み出された利益の公平な取り分を受け取ることを保証することによって、アフリカン・ブラックウッドとその生育環境との保護を成し遂げることができるのであり、従って彼らに環境保護に関して好意を持ち、生息域を管理しようとする動機を与えているのである。

このことを成し遂げるために、MCP は、複数の共同体が森林管理認証 Forest Stewardship Certification を取得するのを援助している。[8]

アフリカン・ブラックウッド保護プロジェクトは、キリマンジャロ山周辺でアフリカン・ブラックウッドの植林に取り組み、保護教育を行っている。また、成人と女性の複数のグループと共に、環境保護に関して健全な土地の利用の推進に取り組んでいる。[9]

諸言語における名称[編集]

ケニア:

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b World Conservation Monitoring Centre (1998).
  2. ^ a b 河村・西川 (2014).
  3. ^ a b Johnson (1939).
  4. ^ a b c d Maundu & Tengnäs (2005:189).
  5. ^ Maundu & Tengnäs (2005:190).
  6. ^ Appendices. (CITES). 2018年7月5日閲覧。
  7. ^ 世界で最も高価な携帯電話たち:フォト7, WIRED.jp, 2007年7月23日
  8. ^ リンク http://www.mpingoconservation.org/(英語) と http://www.sustainableblackwood.org/(英語) とを参照。
  9. ^ リンク http://www.blackwoodconservation.org/(英語)を参照。
  10. ^ Benson (1964).

参考文献[編集]

英語:

日本語:

  • 河村寿昌、西川栄明 著、小泉章夫 監修『【原色】木材加工面がわかる樹種事典』2014年、誠文堂新光社、128頁。978-4-416-61426-6

関連項目[編集]

参考文献と外部リンク[編集]