プロトピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プロトピン[1]
識別情報
CAS登録番号 130-86-9 チェック
PubChem 4970
ChemSpider 4799 ×
EC番号 204-999-6
KEGG C05189 ×
ChEBI CHEBI:16415 ×
ChEMBL CHEMBL486179 ×
特性
化学式 C20H19NO5
モル質量 353.369 g/mol
外観 白色結晶
密度 1.399 g/cm3
融点

208 °C, 481 K, 406 °F

への溶解度 ほぼ不溶
クロロホルムへの溶解度 1:15
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

プロトピンは、ベンジルイソキノリン系のアルカロイドであり、ケシ[2]キケマン属の塊茎[3]、またカラクサケマン等の他のケシ科の植物[4]にも見られる。ヒスタミンH1受容体及び血小板凝集を阻害し、鎮痛剤として作用することが知られている[5][6]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ The Merck Index (9 ed.). New Jersey: Merck & Co. (1976). p. 1023. 
  2. ^ The Free Dictionary: Protopine
  3. ^ Jiang, B; Cao, K; Wang, R (2004). “Inhibitory effect of protopine on K(ATP) channel subunits expressed in HEK-293 cells.”. European Journal of Pharmacology 506 (2): 93–100. doi:10.1016/j.ejphar.2004.11.004. PMID 15588728. 
  4. ^ Vrba, J.; Vrublova, E.; Modriansky, M.; Ulrichova, J. (2011). “Protopine and allocryptopine increase mRNA levels of cytochromes P450 1A in human hepatocytes and HepG2 cells independently of AhR”. Toxicology Letters 203 (2): 135–141. doi:10.1016/j.toxlet.2011.03.015. PMID 21419197. 
  5. ^ Saeed, SA; Gilani, AH; Majoo, RU; Shah, BH (1997). “Anti-thrombotic and anti-inflammatory activities of protopine.”. Pharmacological research : the official journal of the Italian Pharmacological Society 36 (1): 1–7. doi:10.1006/phrs.1997.0195. PMID 9368908. 
  6. ^ Protopine - MeSH米国国立医学図書館、生命科学用語シソーラス (英語サイト)