鶉野飛行場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鶉野飛行場(うずらのひこうじょう)は、兵庫県加西市鶉野町(稼働当時は加西郡九会村下里村)にかつて存在していた飛行場である。かつては防衛省が管理していたが2016年(平成28年)6月に加西市に払い下げられた[1]

概要[編集]

鶉野飛行場の滑走路跡

第二次世界大戦中、川西航空機姫路工場の専用飛行場として建設されたが、姫路海軍航空隊筑波海軍航空隊分遣隊が駐留し訓練基地および特別攻撃隊の出撃拠点となった。当時、川西姫路工場では紫電紫電改が製造されており、それぞれ486機、44機が組み立てられた。当時、この飛行場で主に運用されていた機体は九三式中間練習機九七式艦上攻撃機などである。

当時の主な概要は以下のとおりである[2][要文献特定詳細情報]

  • 総工費 16,687,219円
  • 面積 2,531,040平方メートル
  • 滑走路 全長1,200m、幅60m 1本
  • 誘導路 総延長15,000m、幅30m
  • 掩体壕 55箇所
  • 格納庫 9,150平方メートル 20Mx120M 2棟
  • 兵舎 約8,919平方メートル
  • 対空機銃 25mm連装機銃 4箇所、25mm単装機銃 2箇所

他に自家発電施設や地下暗号通信室などの設備もあり、弾薬庫なども含め厚いコンクリートで固められた地下施設とされていた。

海軍飛行場であり、軍需工場である川西航空機姫路工場も近傍にあったため数度の米軍の攻撃を受けた。2005年に当時の不発弾が見つかったこともある[3]

1945年(昭和20年)3月31日には試験飛行中にエンジントラブルを起こした紫電改が国鉄北条線(現:北条鉄道)の網引駅法華口駅の中間の線路沿いに不時着し尾輪でレールを引っ掛けて路線を破損、直後に通りかかった列車が脱線し死者11人、負傷者104人を出す事故が発生した(北条線列車転覆事故)[4]。なお、助かった乗客によるとトラックで駆けつけた兵隊が、真っ先に稲のワラで墜落した紫電改を覆い隠そうとするのを目撃したという。当時、紫電改の関与は「軍の機密」として公表なされなかった[5]

終戦後[編集]

終戦とともに閉鎖。引揚者などを募集し入植地となった。しかし現在も滑走路跡地はほぼそのまま現存し、後述の払い下げがおこなわれるまでは陸上自衛隊の訓練施設(鶉野訓練場)となっていた。かつてはヘリコプターなどの航空ショーなども行われたことがある[注釈 1]。ただし滑走路は全体の2/5位の位置に道路が走ることにより分断され、周辺には工場、送電線、民家などがあり、原状では固定翼機の離着陸は困難である。

2008年公開の映画『火垂るの墓』のロケに滑走路跡が使用された。(主人公の兄弟が出征兵士たちの隊列とすれ違うシーンおよび英霊の帰還のシーン)

滑走路以外の掩体壕エプロン戦闘指揮所防空壕などの遺構も近隣の山林内、民家敷地内、神戸大学農学部の構内などに一部現存している。また格納庫の一棟が姫路市野里に移築され建設会社の資材倉庫となり現存している[6]

平成になってから、関係者により慰霊施設が滑走路脇に建設された。2014年に防衛省から財務省を通じて加西市へ払い下げられる方針が決まり[7][8][9]、2016年6月に払い下げ手続きが完了した[1]。加西市では敷地を3つに分け、飛行場の事跡を伝える「歴史遺産群ゾーン」、災害用の備蓄倉庫などを設置する「防災ゾーン」、ジョギングコースやイベントスペースを設ける「レクリエーションゾーン」として2019年度までの5年間で整備する予定[1]

戦闘機用の整備台は戦後の1974年4月から加西市立賀茂小学校の朝礼台として使われてきたが、飛行場跡地の鶉野平和祈念の碑そばに移された[10][11]

2014年(平成26年)末に滑走路北端に地元有志の手で「鶉野飛行場資料館」が開館され資料パネル、海軍主力機模型、紫電改の部品(操縦席前面防弾ガラス、主脚タイヤ等)等が展示されている。入場無料。不定期開館(2015年時点、毎月第一、第三日曜日)。

歴史[編集]

遺物[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

北条鉄道法華口駅

道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1997年11月9日に開催された加西スカイパーク・フェスティバル

出典[編集]

  1. ^ a b c “鶉野飛行場跡、加西市に払い下げ 防災拠点などに”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2016年6月29日). https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201606/0009232426.shtml 2017年1月29日閲覧。 
  2. ^ 防衛庁防衛研究所戦史室資料より[要文献特定詳細情報]
  3. ^ “地元の戦史風化させぬ 加西で鶉野飛行場振り返る企画展”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2005年8月15日). オリジナル2012年8月3日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120803092949/http://www.kobe-np.co.jp/chiiki/ho/00029502ho200608151000.shtml 
  4. ^ “礎-現代が残したもの- 10.海軍鶉野飛行場跡(加西市)”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2005年8月25日). オリジナル2005年11月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20051118144922/http://www.kobe-np.co.jp/rensai/200504ishizue/10.html 
  5. ^ “兵庫)戦時中の列車転覆事故 犠牲者を追悼”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). オリジナル2014年4月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140401092346/http://www.asahi.com/articles/ASG3066M9G30PIHB01W.html 2014年4月1日閲覧。 
  6. ^ “「紫電改」を格納した 山本工務店倉庫”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2006年10月12日). オリジナル2012年7月7日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120707135950/http://club.kobe-np.co.jp/mint/article/odekake/ishizue20061012.html 
  7. ^ “鶉野飛行場払い下げへ 加西市、防災拠点に”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2014年2月25日). オリジナル2014年3月2日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20140302091657/http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201402/0006734250.shtml 
  8. ^ “「特攻隊滑走路史跡に」鶉野飛行場、加西市が計画”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2014年2月24日). オリジナル2014年3月2日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20140302091619/http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hyogo/news/20140224-OYT8T01420.htm?from=localtop 
  9. ^ 【官庁】鶉野飛行場跡に戦争史跡公園/14年度内にも払い下げ/加西市”. 建設ニュース (2014年2月25日). 2017年2月18日閲覧。
  10. ^ “賀茂小で67年使用、戦闘機の整備台「里帰り」加西”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2014年5月27日). オリジナル2014年5月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140529052341/http://www.kobe-np.co.jp/news/hokuban/201405/0006998496.shtml 
  11. ^ 賀茂小学校の朝礼台が語るもの”. 市政ニュース. 加西市 (2008年1月25日). 2017年2月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]