東北大学大学院工学研究科・工学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東北大学 > 東北大学大学院工学研究科・工学部

東北大学大学院工学研究科(とうほくだいがくだいがくいんこうがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Engineering)は、東北大学大学院に設置される研究科の一つである。また、東北大学工学部(とうほくだいがくこうがくぶ、英称:School of Engineering)は、東北大学に設置される学部の一つである。

概要[編集]

1919年に東北帝国大学に工学部が設置され、1949年の新制東北大学発足時に仙台高等工業学校を吸収。1953年には大学院工学研究科を設置した[1]。「研究第一主義」、「門戸開放」、「実学尊重」を伝統として理念に掲げている[2]。2002年には東北大学工学部出身の田中耕一ノーベル化学賞を受賞し、客員教授に就任した[3]

沿革[編集]

学科[編集]

  • 入学定員810名[4]
    • 機械知能・航空工学科
    • 電気情報物理工学科
    • 化学・バイオ工学科
    • 材料科学総合学科
    • 建築・社会環境工学科

著名な出身者[編集]

政治[編集]

行政[編集]

経済[編集]

研究[編集]

建築、技術[編集]

文化[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ a b c d e f g 「沿革・歴史」東北大学工学研究科・工学部
  2. ^ 「工学部教育目的」東北大学工学研究科・工学部
  3. ^ 田中耕一氏の栄誉ある軌跡東北大学
  4. ^ [1]東北大学

外部リンク[編集]