増本剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

増本 剛(ますもと かたし、1925年1月2日 - 2012年11月17日)は、金属工学者(多元化合物半導体を主とした機能性材料全般)。広島県安芸郡矢賀村(現広島市東区矢賀町)出身。財団法人 電気磁気材料研究所の第6代理事長および会長の職を勤め上げた。

人物[編集]

1925年 広島県安芸郡矢賀村に生まれ、病魔を克服し、1948年 東北大学工学部を卒業後、同大学大学院前期特別研究生(特待生)を経て、1950年 助手1957年 助教授に就任する。1960年 科学技術庁金属材料技術研究所半導体研究室を設置するにあたり、室長に招請される。この期に、化合物半導体へテーマの領域を拡げ、研究室の充実を図ったが、所命により、政府長期在外研究員の資格をもって1960~1962年 米国パデュー大学理学部に留学し、後半1年間は同学部の助手研究員も兼ねた。その間の1961年に、東北大学より工学博士(旧制)を授与される。

1966~1968年中華民国 国立成功大学教授に招聘される。1972年 科学技術庁金属材料技術研究所研究部長に昇任する。1980年 三元および多元化合物国際会議(ICTMC)を創設し、国際諮問委員会委員長に就任する。現在まで日本を含め世界各国において計15回開催した。1985年 東北大学工学部教授に就任し、1988年退官する。

1989~1995年 石巻専修大学理工学部教授に就任する傍ら、1993年 財団法人 電気磁気材料研究所(電磁研)第6代理事長 兼 附置研究所長に就任し、研究所組織の機構改革を行い、従来のバルク磁性材料の研究分野に、化合物半導体誘電体およびアモルファス新素材分野を加え、その後さらに各薄膜材料の先端的研究にまで拡大させた。そして、一層の研究の活性化、研究所の管理運営の適正化および財政の健全化の3大目標達成に献身的な努力を払った結果、人材および研究設備の充実などと共に、疲弊しつつあった財務を完璧に再建して、21世紀における電磁研の発展の基盤を築き上げた。

多元系機能性材料の研究の功績により、1967年 日本金属学会功績賞、1984年 同学会の谷川・ハリス賞および論文賞、ならびに1984年 科学技術庁長官賞1992年 日本電子材料技術協会功績賞、1995年 勲三等瑞宝章1999年 日本金属学会名誉員、2007年 発明協会発明奨励賞等数々の栄誉を受けた。

父は、東北大学名誉教授、元同大学金属材料研究所第6代所長および財団法人 電気磁気材料研究所第3代理事長増本量(はかる)。弟は、第7代電磁材料研究所理事長の増本健(つよし)である。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]