ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団(はのーふぁーきたどいつほうそうふぃるはーもにーかんげんがくだん、NDR Radiophilharmonie)は、ドイツハノーファー (Hannover) に本拠を置く北ドイツ放送(NDR)付属オーケストラである。北ドイツ放送付属としては、ハンブルク北ドイツ放送交響楽団(1945年創立)に次いで5年後に結成された第2のオーケストラである。

ヨーロッパの伝統的な古典派音楽からロマン派音楽を主なレパートリーとし、北ドイツ放送交響楽団と違ってマーラーのような大編成の曲目や現代音楽はほとんどやらず、レパートリーの分担が確立している。

1950年の創立以来、ヴィリー・シュタイナーアルド・チェッカートズデニェク・マーツァルベルンハルト・クレーらが歴代の首席指揮者を務め、ドイツ国内の他、フランスイタリアデンマークオランダスウェーデン日本ブラジルなど海外ツアーも多く行なっている。

1998年10月からは日本人の大植英次を首席指揮者に迎え、年20回に及ぶ定期公演、休日昼間のコンサート「クラシック・エキストラ」シリーズ、ドイツ各地へのツアーや音楽祭参加など意欲的な活動を展開した。この時期のハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団は、それまで積極的に取り上げてこなかったブルックナーマーラーといった後期ロマン派音楽にも焦点をあてたことが特徴としてあげられるが、2009年6月の日本公演を最後に大植は首席指揮者を退任。

2009年から、ノルウェー人指揮者のエイヴィン・グルベルグ=イェンセン (Eivind Gullberg Jensen) が首席指揮者を5年間務める。

2014年には、バロック・ヴァイオリン奏者でもあるアンドルー・マンゼ (Andrew Manze) が首席指揮者に就任した[1]。現在、このオーケストラ伝統の古典派からロマン派にかけてのレパートリーを守りながら、映画音楽やクラシカル・クロスオーバーのジャンルにも取り組んだり、青少年向けクラシック・コンサートを開くなど、多様な演奏活動を展開している[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]