小野寺正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小野寺 正(おのでら ただし、1948年(昭和23年)2月3日 - )は、日本の実業家KDDI代表取締役社長、同社代表取締役会長、電気通信事業者協会会長、映像情報メディア学会会長、大和証券グループ本社取締役、京セラ取締役を歴任した。

人物[編集]

宮城県仙台市角五郎の宮城県庁職員の家に生まれる。東北大学教育学部附属幼稚園[1]東北大学教育学部附属小学校東北大学教育学部附属中学校を経て[2][3]宮城県仙台第二高等学校卒業。高校の理系クラスの同級生に中鉢良治(のちにソニー社長)がいた[4]

高校卒業後は、電気通信大学にも合格したが、東北大学工学部に進学し、東北大学電気通信研究所城戸健一に師事。卒業研究ではスピーカーの振動研究を行った。また、課外活動では、放送研究部に所属し、清野智(のちにJR東日本社長)と知り合った[5]

旧第二電電時代は、出身地を地盤とする東北セルラー電話の代表権のある会長も歴任した。

学歴[編集]

職歴[編集]

脚注[編集]

ビジネス
先代:
五十嵐三津雄
KDDI会長
第3代 : 2005年 - 2018年
次代:
田中孝司
先代:
奥山雄材
KDDI社長
第2代 : 2001年 - 2010年
次代:
田中孝司
非営利団体
先代:
内田龍男
映像情報メディア学会会長
第63代 : 2012年 - 2013年
次代:
伊東晋
先代:
野口正一
東北大学電気系同窓会会長
第8代 : 2017年 -
次代: