福士謙介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福士 謙介(ふくし けんすけ)は、日本工学者東京大学サステイナビリティ学連携研究機構教授、国連大学高等研究所客員教授。東京大学未来ビジョン研究センター副センター長。

人物・経歴[編集]

青森県南津軽郡大鰐町生まれ。宮城県仙台第一高等学校を経て、1989年東北大学工学部土木工学科卒業。1991年東北大学大学院工学研究科土木工学専攻修士課程修了。1996年ユタ大学大学院工学研究科土木環境工学専攻博士課程修了、Ph.D.。1996年東北大学大学院工学研究科助手。1997年東北大学大学院工学研究科講師。1999年アジア工科大学院環境資源開発学研究科講師(JICA専門家)。2001年アジア工科大学院環境資源開発学研究科准教授。2001年東京大学環境安全研究センター助教授。2005年東京大学サステイナビリティ学連携研究機構助教授。2013年東京大学サステイナビリティ学連携研究機構教授[1][2]国連大学高等研究所客員教授兼務[3]

著書[編集]

  • 『 Adaptation and mitigation strategies for 』(シュプリンガー・ジャパン、2010年5月)住明正、平松あい、福士謙介(共著)ISBN 978-4431997979

脚注[編集]