知的財産戦略会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

知的財産戦略会議(ちてきざいさんせんりゃくかいぎ)は、国家としての知的財産戦略を樹立し、政策を推進するために2002年2月25日の内閣総理大臣決裁により設置された会議。2002年7月に知的財産政策の基本方針である知的財産戦略大綱を決定した。

この会議は、内閣総理大臣、内閣官房長官、経済財政政策担当・情報通信技術(IT)担当大臣、科学技術政策担当大臣、総務大臣法務大臣外務大臣財務大臣文部科学大臣厚生労働大臣農林水産大臣及び経済産業大臣並びに有識者により構成される。座長は、有識者メンバーの阿部博之東北大学総長(当時)であった。

2003年1月に開催された第8回会合を最後に、知的財産戦略会議の役割は、知的財産戦略大綱に従い制定された知的財産基本法に基づいて2003年3月1日に設置された知的財産戦略本部に引き継がれた。

外部リンク[編集]