齋藤進六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

齋藤 進六(さいとう しんろく、1919年3月30日 - 1994年11月21日) は、日本の材料科学者。東京工業大学名誉教授。第11代東京工業大学学長。第2代長岡技術科学大学学長。紫綬褒章受章。

人物・経歴[編集]

栃木県宇都宮市生まれ[1]1943年東北帝国大学工学部航空学科卒業[2]1960年東京工業大学にて工学博士を取得[3]

1945年久我山工業専門学校教授[4]1967年東京工業大学工学部材料工学科教授。1973年東京工業大学工業材料研究所所長[4]

1977年東京工業大学学長。1981年東京工業大学名誉教授。1982年紫綬褒章受章[2]。1983年長岡技術科学大学学長[5]1985年日本セラミックス協会会長[6]

長洲一二神奈川県知事から相談を受け、研究開発会社が入居しなかったかながわサイエンスパークの施設を埋めるため、1989年神奈川科学技術アカデミー設立に参画し、同理事長就任[7]。同年、未踏科学技術協会理事長[8]

1990年、東京工業大学工学部の教員らが中心となり設立された西東京科学大学の初代学長に就任[9][10]1994年勲二等旭日重光章受章[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 齋藤進六東京工業大学130年史
  2. ^ a b 「齋藤進六 名誉教授(1919-1994)」東京工業大学百年記念館 設立30年記念誌
  3. ^ 斉藤進六, 「水素炉によるTiCの合成およびTiC系サーメット製造の基礎的研究」 東京工業大学 博士論文, [報告番号不明], 1960年, NAID 500000421125
  4. ^ a b 「Page 1 HOF 01-037本田財団レポート No.37「日本における技術教育の実態と計画」東京工業大学名誉教」 本田財団
  5. ^ 「歴代学長・名誉教授」長岡技術科学大学
  6. ^ 歴代代表者日本セラミックス協会
  7. ^ 37/54理窓 2015年4月号
  8. ^ 未踏協会について未踏科学技術協会
  9. ^ 磯親「帝京科学大学における物理教育をめぐって」『大学の物理教育』第96巻第2号、日本物理学会、1996年、 37-41頁、 doi:10.11316/peu.96.2_37ISSN 1340-993XNAID 110001942177
  10. ^ 谷口 ウエノハラ 研究室
  11. ^ 表1 東工大学長経験者の受章実績FIRST NEWS No.06 May, 2019

外部リンク[編集]


先代:
斉藤信義
(学長事務取扱)

川上正光
初代学長

長岡技術科学大学学長
第2代:1983年 - 1987年
次代:
菅野昌義
先代:
田端精一
日本セラミックス協会会長
第22代:1985年 - 1988年
次代:
稲盛和夫
先代:
創設
西東京科学大学学長
初代:1990年 - 1994年
次代:
小林靖雄