大堀誠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大堀 誠一(おおほり せいいち、1925年8月11日 - 2005年7月2日[1])は、日本の検察官東京地検特捜部長や、東京地検検事正次長検事最高裁判所判事等を歴任した。

概要[ソースを編集]

東北帝国大学工学部卒業[2]。弁護士を半年経験した後に検事任官[2]。東京地検特捜部では武州鉄道汚職事件などの捜査に加わる[2]。その後、福井地検検事正、東京地検検事正、最高検次長検事などを歴任[2]

1988年6月17日に最高裁判所裁判官に就任[2]。理工系で初めての就任[2]。検察幹部の経歴からロッキード事件丸紅ルートが係属されたときは審理を回避した[2]

1995年8月に定年退官。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、254頁。
  2. ^ a b c d e f g 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)95頁