小林陵二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 陵二(こばやし りょうじ、1932年 - )は、日本工学者石巻専修大学学長東北大学名誉教授工学博士(東北大学)。専門は流体工学流体力学岩手県盛岡市出身。

略歴[編集]

1955年東北大学工学部機械工学科卒業。1960年東北大学大学院工学研究科博士課程修了。1960年東北大学高速力学研究所講師1962年東北大学高速力学研究所助教授。1972年東北大学高速力学研究所教授1985年(昭和60年)東北大学工学部教授。1996年(平成8年)東北大学停年退官。同名誉教授。石巻専修大学理工学部教授。1998年石巻専修大学理工学部長。2001年石巻専修大学大学学長。2007年石巻専修大学退職。

著書[編集]

  • 『衝撃破壊工学』(共著、技報堂、1990年)
  • 『液体の微粒化技術』(共著、アイピーシー、1995年)
  • 『大学講義水力学』(共著、丸善、2000年)

など

参考文献[編集]

  • 『新訂 現代日本人名録2002』(日外アソシエーツ編集・発行、2001年)
先代:
小倉保己
石巻専修大学学長
第3代: 2001年 ‐ 2007年
次代:
坂田隆