山澤進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまざわ すすむ
山澤進
生誕 1930年1月5日
山形県山形市
出身校 東北薬学専門学校
職業 実業家

山澤進(やまざわ すすむ、1930年(昭和5年)1月5日 - )は、日本の実業家。ヤマザワ取締役会長・創業者。2010年旭日小綬章受章。

人物・来歴[編集]

山形県山形市出身。6人兄弟の3男として生まれる。

1952年に東根町(現:東根市)に山澤薬局を開業。1962年にヤマザワを設立し、山形駅前大通りに県内初のスーパーマーケットを開業する。以来、多店舗化を進め、東北でも指折りのスーパーマーケットチェーンに育て、1994年に株式を店頭公開した(2005年、東証2部を経て同1部に指定替え)。2007年に代表取締役会長に退く[1][2]

2019年2月20日、山澤を含む社内取締役9人と社外取締役2人の全員出席で開かれた取締役会で、山澤の代表権解任の緊急動議が出され、山沢除き、賛成9人、反対1人で可決され、取締役会長となった。ヤマザワは代表権解任の理由として「高齢により、代表取締役として適切な職務遂行の継続が困難な状況にあるため」と説明した[3]。翌日、山澤は自身の解任について山形新聞の取材に「栄枯盛衰ということか。突然のことで驚いている。取締役会長として残るので、これからも経営に関して言うべきことは言う」と話した[4]。山澤の代表権解任でヤマザワの代表権は娘婿で山形銀行出身の古山利昭社長のみが持つこととなった[1][5]

2003年から、7年間にわたり山形商工会議所会頭を務めたほか[6]2007年山形大学山澤進奨学金「山形俊才プロジェクト」を創設。1000万以上20年間寄付するとしている[7]

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『道程 : わが半生の記』雪国社、1990年。
  • 『わが青春時代山形市七日町商店街 : 商いへの出発点』みちのく書房、1998年。ISBN 4944077378

自叙伝[編集]

  • 小形利彦『創る拓く』山澤進、2017年。

脚注[編集]

[ヘルプ]