名古屋大学大学院工学研究科・工学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
名古屋大学工学部から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
名古屋大学 > 名古屋大学大学院工学研究科・工学部

名古屋大学大学院工学研究科(なごやだいがくだいがくいんこうがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Engineering)は、名古屋大学大学院に設置される研究科の一つである。また、名古屋大学工学部(なごやだいがくこうがくぶ、英称:School of Engineering)は、名古屋大学に設置される学部の一つである。

概要[編集]

1939年に名古屋帝国大学理工学部が設置され、1942年理工学部から分離されて工学部が設立された[1]。名古屋大学大学院工学研究科・工学部では工学領域の多様な研究が行われている[2]。2014年には赤﨑勇特別教授及び赤﨑研究室出身の天野浩教授がノーベル物理学賞を受賞している[3]

沿革[編集]

学科[編集]

  • 入学定員680人[4]
    • 化学生命工学科[4]
    • 物理工学科[4]
    • マテリアル工学科[4]
    • 電気電子情報工学科[4]
    • 機械・航空宇宙工学科[4]
    • エネルギー理工学科[4]
    • 環境土木・建築学科[4]

著名な出身者[編集]

政治[編集]

行政[編集]

経済[編集]

研究[編集]

文化[編集]

その他[編集]

博士号取得者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 「沿革」名古屋大学大学院工学研究科
  2. ^ 「研究一覧」名古屋大学
  3. ^ 「赤﨑 勇本学特別教授及び天野 浩工学研究科教授が2014年ノーベル賞授賞式に出席」名古屋大学
  4. ^ a b c d e f g h [1]名古屋大学

外部リンク[編集]