鈴木茂樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鈴木 茂樹(すずき しげき、1953年1月2日 - )は、日本実業家プライムアースEVエナジー株式会社代表取締役社長を務めた。

人物・経歴[編集]

愛知県出身。1975年名古屋大学工学部卒業、トヨタ自動車工業入社。長く材料技術を担当し[1]、1999年第2材料技術部部長(高分子系材料)。2001年第3材料技術部部長(先端材料技術研究)。2003年第1材料技術部部長(金属・無機系材料)。2007年には常務役員に就任し[2][3]環境部、知的財産部、FP部、電池研究部、材料技術統括部、有機材料技術部、金属・無機材料技術部、電池材料技術部、先端材料技術部担当や、材料技術領域長を務め[4]、ソリッドステート電池の商用化計画などにあたった[5]。2013年プライムアースEVエナジー取締役副社長。2014年からプライムアースEVエナジー代表取締役社長を務め[1]ハイブリッドカー向け電池の中国等での増産体制の整備などを進めた[6][7][8]。2020年マンダム取締役[2]

出典[編集]

先代:
林芳郎
プライムアースEVエナジー社長
2014年 - 2019年
次代:
北田眞治