鈴木茂樹 (官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 茂樹 (すずき しげき、1956年5月2日 - )は、日本の元総務官僚

すずき しげき
鈴木 茂樹
生誕 (1956-05-02) 1956年5月2日(65歳)
日本の旗 日本神奈川県横須賀市
国籍日本の旗 日本
出身校東京大学農学部
神奈川県立横須賀高等学校
職業
活動期間1981年 -

総務審議官(国際担当)総務審議官(郵政・通信担当)等を経て、総務事務次官。情報漏洩の科により2019年12月20日付で停職3ヶ月の懲戒処分を受け即日辞任・退官。退官後、NTTからの違法接待も発覚。

人物[編集]

神奈川県横須賀市出身。東京大学農学部農業経済学科を卒業[1]国家公務員上級甲種試験(経済)に合格し[2]、1981年に郵政省へ入省。

2001年、総務省大臣官房秘書課調査官。総合通信基盤局国際部国際経済課長、同電気通信事業部料金サービス課長、同事業政策課長。2007年、総務省情報通信政策局総合政策課長。2008年、大臣官房企画課長。2009年、東海総合通信局長。2010年、情報通信研究機構理事、2011年総務省総合通信基盤局電波部長。2012年、情報流通行政局郵政行政部長。2013年、大臣官房総括審議官。2014年、情報通信国際戦略局長[3]。2015年、内閣官房内閣審議官兼内閣官房郵政民営化推進室郵政民営化統括官。2016年、総務審議官(国際担当)。2017年、総務審議官(郵政・通信担当)

2019年7月5日、総務事務次官に就任[4][5]人工知能(AI)の活用や次世代型通信規格5Gの整備を推進する。

2019年12月20日、かんぽ生命保険の不適切販売問題を起こした日本郵政グループに対する行政処分の検討状況を日本郵政側鈴木康雄に漏洩したとして停職3ヶ月の懲戒処分を受け、同日付で退職した[6]。退官後、一般社団法人CRM協議会副会長、国立情報学研究所研究戦略室特任研究員早稲田大学理工学術院総合研究所客員上級研究員、早稲田大学理工学術院客員講師開志専門職大学客員教授[7][8][9]情報経営イノベーション専門職大学超客員教授に就任[10]

略歴[編集]

  • 1981年4月 郵政省入省 人事局要員訓練課
  • 1983年8月 貯金局企画課経営企画室
  • 1984年7月 大蔵省大臣官房調査企画課
  • 1985年4月 大蔵省大臣官房調査企画課地方経済調査係長
  • 1985年5月 大蔵省大臣官房調査企画課調整係長
  • 1986年7月 余市郵便局長[11][12]
  • 1987年7月 信越郵政局人事部管理課長
  • 1988年2月  電気通信局電気通信事業部事業政策課課長補佐
  • 1989年5月 電気通信局電気通信事業部事業政策課課長補佐
  • 1991年6月 大臣官房文書課課長補佐
  • 1992年7月 大臣官房国際部国際政策課課長補佐
  • 1993年5月 在ベルギー日本政府代表部一等書記官
  • 1996年7月 電気通信局総務課調査官
  • 1998年6月 大臣官房総務課調査官
  • 2000年7月 大臣官房総務課審議室長
  • 2001年1月 総務省大臣官房秘書課調査官
  • 2001年7月 総合通信基盤局国際部国際経済課長
  • 2004年1月 電気通信事業部料金サービス課長
  • 2005年8月 総合通信基盤局電気通信事業部事業政策課長
  • 2007年、総務省情報通信政策局総合政策課長
  • 2008年、大臣官房企画課長
  • 2009年、東海総合通信局
  • 2010年、情報通信研究機構理事
  • 2011年、総務省総合通信基盤局電波部長
  • 2012年、情報流通行政局郵政行政部長
  • 2013年、総務省大臣官房総括審議官
  • 2014年、情報通信国際戦略局長[3]
  • 2015年、内閣官房内閣審議官兼内閣官房郵政民営化推進室郵政民営化統括官
  • 2016年、総務審議官(国際担当)
  • 2017年、総務審議官(郵政・通信担当)
  • 2019年7月5日 総務事務次官
  • 2019年12月20日 辞職
  • 2021年4月、一般社団法人CRM協議会副会長

エピソード[編集]

官僚としては珍しくIT技術に詳しく、省内で怒鳴り散らすなどの人柄でも知られた。体育会系の総務省の中で、先輩鈴木康雄との関係からか情報漏洩を行って懲戒され半年足らずでの次官更迭となった際に、「迷惑を掛けて大変申し訳ない」とのコメントを残したとされる[13][14]

違法接待問題[編集]

総務審議官在任中の2018年11月に、秋本芳徳と共に、NTTの澤田純から違法な接待を受けていたことが、2021年に判明した[15]

脚注[編集]

  1. ^ ICT利活用推進で世界最先端国家へ 地方創生と2020で日本の飛躍を テレコミュニケーション 2015年6月号
  2. ^ 略歴書
  3. ^ a b 月刊テレコミュニケーション”. www.telecomi.biz. 2019年7月21日閲覧。
  4. ^ 総務次官に鈴木氏 山田氏は女性初の次官級” (日本語). 日本経済新聞 (2019年7月2日). 2019年7月5日閲覧。
  5. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年6月28日). “総務事務次官に鈴木氏 旧郵政省出身” (日本語). 産経ニュース. 2019年9月7日閲覧。
  6. ^ 総務次官、郵政に処分内容漏洩 20日付で辞任” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年12月20日閲覧。
  7. ^ CRM協議会の組織体制と役員 第十三期(2021/4/1 -- 2022/3/31) CRM協議会
  8. ^ 特任研究員等国立情報学研究所
  9. ^ 非常勤研究員(客員上級・客員主任・客員次席)Guest Senior早稲田大学
  10. ^ 客員教員 鈴木 茂樹超客員教授 Shigeki Suzuki 国立情報学研究所 特任研究員情報経営イノベーション専門職大学
  11. ^ https://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/258151/www.soumu.go.jp/menu_01/saiyou/message/senpai/pdf/12.pdf
  12. ^ コンピューター産業研究会のお知らせ”. merc.e.u-tokyo.ac.jp. 2020年7月8日閲覧。
  13. ^ 総務次官がかんぽ不正処分案漏えい、更迭 元次官の郵政副社長に中日新聞2019年12月21日 朝刊
  14. ^ 「先輩・後輩で情報漏洩か 総務相「天下りは厳正に」」日本経済新聞2019/12/20 22:10
  15. ^ 秋本前局長も接待 NTT、鈴木前次官が同席毎日新聞 2021/3/15
先代:
福岡徹
総務審議官(郵政・通信担当)
2017年 - 2019年
次代:
谷脇康彦
先代:
安田充
総務事務次官
2019年
次代:
黒田武一郎