西村勇 (医師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西村 勇(にしむら いさむ、1941年1月31日 -[1])は、日本の医師著述家。元通産官僚・特許庁審査官

人物[編集]

名古屋大学工学部を卒業し、通商産業省に入省して官僚生活を送った後、金沢大学で医学を学んで医師免許を取得し、へき地医療に身を投じたという特異な経歴を持つ。

2012年10月1日、それまで赴任した医師が3代連続して1年以内に職を辞していた秋田県北秋田郡上小阿仁村の上小阿仁国民健康保険診療所の所長に就任し、話題となった[2]が、わずか1か月で、体調不良を理由に辞意を表明した[3]

略歴[編集]

著書[編集]

  • 人間現象の哲学的および実験的研究(文芸社、2007年7月)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 北海道医療新聞社編『北海道診療所名鑑 1995年版』(北海道医療新聞社、1995年8月)
  2. ^ a b “医師居着かぬ村診療所、女性医師「中傷で退職」”. 読売新聞. (2012年10月1日) 
  3. ^ またも常勤医が辞意、上小阿仁村 着任1カ月足らず秋田魁新報2012/11/07 09:09
  4. ^ a b c d e 西村勇『人間現象の哲学的および実験的研究』(文芸社、2007年7月)
  5. ^ 医師等資格確認検索