瀬口哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
瀬口 哲夫
せぐち てつお
人物情報
生誕 1945年
日本の旗 日本大分県
出身校 名古屋大学工学部建築学科
東京大学工学系大学院博士課程
学問
研究分野 建築学
研究機関 名古屋市立大学
学位 博士(工学)
テンプレートを表示

瀬口 哲夫(せぐち てつお、1945年 - )は、大分県出身の建築学者。専門は都市計画地域計画博士(工学)東京大学1976年)。名古屋市立大学名誉教授。

近代建築などの歴史的遺産を活用したまちづくり、都市景観土地利用を踏まえた都市計画について研究している。2018年から博物館明治村理事。

経歴[編集]

  • 1969年 - 名古屋大学工学部建築学科卒業[1]
  • 1971年 - 東京大学工学系大学院修士課程(建築学)修了[1]
  • 1975年 - 東京大学工学系大学院博士課程(建築学)修了[1]。単位取得満期退学[1]
  • 1975年 - 名古屋大学工学部建築学科助手[1]
  • 1976年 - 東京大学工学系大学院から博士(工学)授与[1]。博士論文は「設計方法における言語論的アプローチに関する研究」。
  • 1978年 - 豊橋技術科学大学建築工学系助教授[1]
  • 1986年~1987年 - ロンドン大学建築都市[1]学部客員研究員[1]
  • 1996年 - 名古屋市立大学芸術工学部教授[1]
  • 2004年 - 名古屋市立大学芸術工学部長[1]
  • 2004年 - 名古屋市立大学大学院芸術工学研究科長[1]
  • 2011年 - 名古屋市立大学名誉教授[1]

受賞[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『都市・町の建築』グラフィック社、1981年
  • 『建築の装飾 建物に棲む動物たち』グラフィック社、1983年
  • 『英国建築事情 上』建築ジャーナル社、1991年
  • 『英国建築事情 下』建築ジャーナル社、1991年
  • 『わが町ビルヂング物語』樹林舎、2004年
  • 『名古屋をつくった建築家 鈴木禎次』C&D出版、2004年
  • 『官庁建築家・愛知県営繕課の人々』C&D出版、2006年
  • 『官庁建築家・名古屋市建築課の人々とその設計』C&D出版、2009年
  • 『名古屋の近代住宅』瀬口哲夫、2013年

共著[編集]

  • 日本建築学会東海支部歴史意匠委員会 編『東海の近代建築』中日新聞社、1981年
  • 『近代建築ガイドブック 東海・北陸編』鹿島出版、1982年
  • 西村幸夫 監修『日本の町並み 1 近畿・東海・北陸』平凡社、2003年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 草創期の東海支部と名古屋建築界 (PDF)” (2021年). 2021年7月21日閲覧。