田中信夫 (工学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 信夫(たなか のぶお、1949年 - ) は、日本の物理工学者。名古屋大学名誉教授。元日本顕微鏡学会会長。文部科学大臣表彰科学技術賞等受賞。

人物・経歴[編集]

愛知県名古屋市生まれ[1]。1973年名古屋大学工学部応用物理学科卒業。1978年名古屋大学大学院工学研究科応用物理学専攻修了、工学博士日本学術振興会奨励研究員。1979年豊田理化学研究所研究員。同年名古屋大学工学部応用物理学科助手。1983年アリゾナ州立大学理学部客員研究員。1990年名古屋大学大学院工学研究科応用物理学専攻助教授。1998年オークリッジ国立研究所客員研究員。1999年名古屋大学大学院工学研究科応用物理学専攻教授。2002年名古屋大学理工科学総合研究センター教授。2004年名古屋大学エコトピア科学研究機構教授。2005年日本金属学会論文賞受賞。2006年名古屋大学エコトピア科学研究所教授、名古屋大学電子顕微鏡施設長。2012年名古屋大学エコトピア科学研究所所長、名古屋大学評議員。2014年文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門)受賞。2015年名古屋大学未来材料・システム研究所特任教授、日本顕微鏡学会会長[2][3]

著書[編集]

  • 『電子線ナノイメージング―高分解能TEMとSTEMによる可視化』内田老鶴圃 2009年

脚注[編集]

[脚注の使い方]


先代:
大野伸一
日本顕微鏡学会会長
2015年 - 2017年
次代:
牛木辰男