新井史人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新井 史人(あらい ふみひと、1963年8月1日 - )は、日本工学者名古屋大学未来社会創造機構教授(工学研究科マイクロ・ナノ機械理工学専攻兼任)。名古屋大学大学院工学研究科附属マイクロ・ナノメカトロニクス研究センター長[1]。専門はロボット工学博士工学)(名古屋大学、1993年)。

略歴[編集]

主な所属学会[編集]

主な受賞[編集]

  • 2000年 Early Academic Career Award
  • 2000年 NEDO地域コンソーシアム 優秀プロジェクト
  • 2000年 IECON-2000 Conference Paper Award
  • 2000年 IECON-2000 Appreciation Awards
  • 2001年 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門一般表彰(ROBOMEC表彰)
  • 2003年 2003 International Symposium on Micromechatronics and Human Sciences, Best Paper Award
  • 2003年 International Conference on Control Science and Engineering, Best Paper Award
  • 2004年 2004 International Symposium on Micromechatronics and Human Sciences, Best Paper Award
  • 2004年 2004 International Symposium on Micromechatronics and Human Sciences, Best Poster Award
  • 2004年 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門 学術業績賞
  • 2004年 日本ロボット学会 論文賞
  • 2005年 5th IEEE Conference on Nanotechnology, Best Poster Award
  • 2005年 2005 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Sciences, Best Poster Award
  • 2006年 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門一般表彰(ROBOMEC表彰)
  • 2006年 2006 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Sciences, Best Paper Award
  • 2006年 2006 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Sciences, Best Poster Award
  • 2007年 日本機械学会フェロー
  • 2007年 第15回化学とマイクロ・ナノシステム研究会 ベストポスター賞
  • 2007年 Transactions on Automation Science and Engineering 2006 Googol Best New Application Paper Award
  • 2007年 計測自動制御学会 論文賞
  • 2007年 2007 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Sciences, Best Paper Award
  • 2007年 2007 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Sciences, Best Poster Award
  • 2007年 Best Poster Award
  • 2008年 Best Automation Paper
  • 2008年 2008 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Sciences, Best Paper Award
  • 2008年 2008 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Sciences, Best Poster Award
  • 2008年 SI2008優秀講演賞
  • 2008年 SI2008優秀講演賞
  • 2009年 2008 Award for Excellence in Physical Sciences & Mathematics
  • 2009年 2009 Most Active Technical Committee Award
  • 2009年 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門一般表彰(ROBOMEC表彰)
  • 2009年 2009 NTC Distinguished Service Award of the Nanotechnology Council
  • 2009年 2009 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Sciences, Best Paper Award
  • 2010年 計測自動制御学会技術賞
  • 2010年 日本機械学会賞(論文)
  • 2011年 IEEE International Conference on Robotics and Automation Best Video Award
  • 2012年 IEEE International Conference on Robotics and Automation Best Conference Paper Award
  • 2013年 産学官連携功労者表彰(文部科学大臣賞)
  • 2013年 計測自動制御学会論文賞(蓮沼賞)
  • 2013年 FA財団平成24・25年度「論文賞」
  • 2014年 日本ロボット学会学会誌論文賞
  • 2015年 第20回ロボティクス・シンポジア最優秀論文賞
  • 2015年 文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)
  • 2015年 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門功績賞
  • 2015年 日本コンピュータ外科学会講演論文賞
  • 2015年 日本ロボット学会フェロー称号授与
  • 2016年 計測自動制御学会学会賞(論文賞)
  • 2017年 日本ロボット学会功労賞
  • 2018年 第1回東京理科大学物理学園賞

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ センター長挨拶 名古屋大学大学院工学研究科附属マイクロ・ナノメカトロニクス研究センター

外部リンク[編集]

関連項目[編集]