海野肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うんの はじめ
海野 肇
生誕 1941年昭和16年)10月
長野県諏訪郡川岸村(現・岡谷市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 生物・生体工学 / 化学工学
研究機関 東京工業大学
理化学研究所 、名古屋大学
出身校 名古屋大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

海野 肇(うんの はじめ、1941年10月 - )は、日本の工学者。長野県出身、名古屋大学大学院工学研究科修士課程修了後、理化学研究所を経て、東京工業大学教授、2005年同大学名誉教授

略歴[編集]

1941年10月 長野県諏訪郡川岸村(現・岡谷市)にて出生。

学歴[編集]

1960年3月 長野県諏訪清陵高等学校卒業。
1964年3月 名古屋大学工学部卒業。

1966年名古屋大学大学院工学研究科修士課程修了。

学位論文「多孔板塔における流体混合の研究」によって1975年7月23日東京工業大学より博士(工学)学位取得[1]

職歴[編集]

委員歴[編集]

受賞[編集]

  • 2002年、2001年優秀論文賞、日本化学工学 学会誌
Outstanding Paper Award of 2001 (Journal of Chemical Engineering of Japan)

所属学会[編集]

著書[編集]

共著[編集]

  • 『化学環境概論 (エンジニアリング・サイエンス講座)』明畠高司,海野 肇,一国雅巳,小林孝彰(共著)、共立出版1988年8月、ISBN 978-4320070578
  • 『生物化学工学』中西一弘,白神直弘(共著)、 講談社1992年ISBN 978-4061397491
  • 『「化学の原理を応用するための工学的アプローチ」入門-非専門系のための化学工学基礎』白神直弘共著、信山社出版1994年ISBN 978-4882615088
  • 『メディカルテクノロジーへの招待』酒井清孝共著、培風館1995年9月、ISBN 978-4563042837
  • 『バイオプロセス工学 - 計測と制御 (講談社サイエンティフィク) 』岸本通雅,清水和幸(共著)講談社、1996年ISBN 978-4061397767
  • 『「化学の原理を応用するための工学的アプローチ」入門-副専門系のための化学工学基礎』白神直弘共著 信山社出版、1999年5月、ISBN 978-4797229929
  • 『環境生物工学(生物工学系テキストシリーズ)』松村正利,藤江幸一,片山新太,丹治保典共著 講談社 2002年4月2日ISBN 978-4061398061
  • 『グリーンバイオテクノロジー - 持続的社会のための生物工学』岡畑恵雄共著 講談社 2002年5月、ISBN 978-4061543102
  • 『新版 生物化学工学 (生物工学系テキストシリーズ)』中西一弘,白神直弘,丹治保典(共著)、講談社、2004年1月9日ISBN 978-4061398115
  • 『「泡」技術―使う、作る、排除する (ケイ・ブックス)』柘植秀樹共著 、工業調査会 2004年3月、ISBN 978-4769341789
  • 『生物化学工学 第3版 (生物工学系テキストシリーズ) 』共著、講談社 2011年9月17日ISBN 978-4061398313

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 多孔板塔における流体混合の研究”. 2020年1月18日閲覧。

外部リンク[編集]