中村光 (工学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 光 (なかむら ひかる、1964年 - ) は、日本の土木工学者名古屋大教授。元土木学会構造工学委員会委員長。

人物・経歴[編集]

愛知生まれ[1]。1987年名古屋大学工学部土木工学科卒業。1989年名古屋大学大学院工学研究科博士前期課程修了。1992年名古屋大学大学院工学研究科土木工学専攻博士後期課程修了、博士(工学)、山梨大学工学部講師。1995年山梨大学工学部助教授。2002年名古屋大学大学院工学研究科助教授。2004年名古屋大学大学院工学研究科教授[2]。2017年土木学会構造工学委員会委員長[3]。2018年プレストレストコンクリート工学会理事。2019年日本コンクリート工学会理事[4]

受賞[編集]

  • 日本コンクリート工学会賞(論文賞) , 2020[2]
  • Journal of advanced concrete technology Three outstanding papers of the year 2019[2]
  • コンクリート工学会功績賞 , 2019[2]
  • 土木学会吉田賞 , 2019[2]
  • Journal of advanced concrete technology Three outstanding papers of the year 2017[2]
  • 新道路技術会議優秀技術研究開発賞 , 2011[2]
  • 土木学会吉田賞 , 2008年[2]
  • 日本コンクリート工学協会賞(論文賞)[2]
  • Journal of advanced concrete technology Best three papers of the year 2006[2]
  • 土木学会論文奨励賞 , 1994[2]
  • 材料学会コンクリート構造物の補修,補強,アップグレードシンポジウム最優秀論文賞 , 2010[2]
  • 土木学会 構造工学シンポジウム論文賞 , 2002[2]
  • コンクリート工学年次大会優秀講演賞 , 1992[2]
  • コンクリート工学年次大会優秀講演賞 , 1991[2]
  • コンクリート工学年次大会優秀講演賞 , 1990[2]
  • コンクリート工学年次大会優秀講演賞 , 1989[2]
  • 土木学会年次大会優秀講演賞 , 1997[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
先代:
白土博通
土木学会構造工学委員会委員長
2017年 - 2019年
次代:
勝地弘