オークマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オークマ株式会社
Okuma Corporation
Okuma logo
Ds1 okuma.jpg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6103
1949年5月上場
名証1部 6103
1949年5月上場
本社所在地 日本の旗 日本
480-0193
愛知県丹羽郡大口町下小口5-25-1
設立 1918年大正7年)7月15日
(株式會社大隈鐵工所)
業種 機械
法人番号 1180001081319
事業内容 各種工作機械の製造・販売。
代表者 代表取締役社長 花木義麿
資本金 180億円[1]
発行済株式総数 1億6877万5770株[1]
売上高 連結 1,626億79百万円
単独 1,379億35百万円
2017年3月期)[1]
営業利益 連結 155億60百万円
単独 123億76百万円
(2017年3月期)[1]
純利益 連結 102億41百万円
単独 88億10百万円
(2017年3月期)[1]
純資産 連結 1,451億53百万円
単独 1,123億93百万円
(2017年3月期)[1]
総資産 連結 2,111億17百万円
単独 1,641億58百万円
(2017年3月期)[1]
従業員数 連結 3,407名
単独 2,167名
(2017年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日[1]
主要株主 日本生命保険相互会社 7.90%
2017年3月31日現在)[1]
主要子会社 (株)日本精機商会 86.6%
外部リンク http://www.okuma.co.jp/
テンプレートを表示

オークマ株式会社: Okuma Corporation)は、愛知県丹羽郡大口町下小口に本社を持つ大手工作機械メーカー。

ヤマザキマザックDMG森精機ジェイテクトと共に日系四大工作機械メーカーの1つ。

概要[編集]

警察官だった大隈栄一は、義父の作った製麺機に影響され転職後、1898年明治31年)に創業した[2]。創業当初は製麺機械の製造・販売を行っていた。工作機械の製造を始めたのは1904年(明治37年)のことである。

沿革[編集]

主要製品[編集]

事業所[編集]

  • 本社・本社工場(愛知県丹羽郡大口町)
  • 可児工場(岐阜県可児市
  • 江南工場(愛知県江南市
  • 北関東支店(埼玉県上尾市
  • 東京支店(神奈川県厚木市)
  • 名古屋支店(愛知県丹羽郡大口町)
  • 大阪支店(大阪府吹田市
  • 営業所
    • 山形、仙台、郡山、新潟、大田、日立、東京、三島、浜松、安城、長野、金沢、京滋、明石、岡山、広島、高松、九州

関係会社[編集]

日本[編集]

  • 株式会社日本精機商会
  • オークマ興産株式会社
  • 株式会社大隈技研
  • オークマスチールテクノ株式会社
  • 愛岐協商株式会社
  • 旭精機工業株式会社
  • 株式会社ヴィッツ

海外[編集]

  • Okuma America Corporation
  • Okuma Europe GmbH
  • Okuma Latin America Ltda
  • 北一大隈(北京)机床有限公司
  • 大同大隈股份有限公司
  • Okuma Australia Pty.Ltd.
  • Okuma Techno Thailand Ltd.
  • 大隈機械(上海)有限公司

その他[編集]

  • 組込み装置向きプログラミング言語である、「EBIFRY」言語を開発している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 有価証券報告書-第153期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)”. EDINET. 2018年4月14日閲覧。
  2. ^ 中日新聞経済部[編]「時流の先へ 中部財界ものがたり」p277
  3. ^ “3Dプリンター搭載の新工作機 オークマ”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 9. (2016年10月28日) 
  4. ^ 鈴木龍司 (2017年5月10日). “工作機械業界 工場IT化に活路 ヤマザキマザック 最適加工で作業量半減 オークマ 週末の無人稼働構築”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 7 
  5. ^ “オークマと日立が連携 IT活用し効率生産推進”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 7. (2017年5月17日) 

外部リンク[編集]