公立諏訪東京理科大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
諏訪東京理科大学から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
公立諏訪東京理科大学
正門及び7号館(左)、8号館(右)
正門及び7号館(左)、8号館(右)
大学設置 2002年
創立 1990年
学校種別 公立
設置者 公立大学法人公立諏訪東京理科大学
本部所在地 長野県茅野市豊平5000-1
北緯36度0分29.8秒 東経138度10分54.8秒 / 北緯36.008278度 東経138.181889度 / 36.008278; 138.181889座標: 北緯36度0分29.8秒 東経138度10分54.8秒 / 北緯36.008278度 東経138.181889度 / 36.008278; 138.181889
キャンパス 本部のみ
学部 工学部
経営情報学部
研究科 工学・マネジメント研究科
ウェブサイト 公立諏訪東京理科大学公式サイト
テンプレートを表示

公立諏訪東京理科大学(こうりつすわとうきょうりかだいがく、英語: Suwa University of Science)は、長野県茅野市豊平5000-1に本部を置く日本公立大学である。2002年に設置された。大学の略称は理科大、諏訪理科大、諏訪東理大、諏訪理科。

特色[編集]

キャンパスの立地する標高は900mと、日本国内の大学で一番高い(2位は高野山大学の820m)。

沿革[編集]

年表[編集]

公立化への動き[編集]

2014年初、設置者の学校法人東京理科大学(以下、学校法人)は東京理科大学・山口東京理科大学・諏訪東京理科大学の組織改革を進め、入学者数が定員割れを続けていた山口東京理科大学については、公立大学法人化することについて、立地自治体である山陽小野田市と協議を行っていた(2016年に公立大学法人化することで、2014年12月に合意[1])。

また長野県が長野県短期大学について2018年4月に4年制大学化する準備を進めていたほか、県内の私立大学である長野大学が2014年3月、上田市に対して同大学の公立大学法人化を求める要望書を提出したことなど、長野県内において大学改革の動きが活発化した。このような状況の中、学校法人は2014年4月、入学者数が定員割れを続ける諏訪東京理科大学を公立大学法人化する方針を示し、2015年9月、茅野市に対して公立大学法人化を求める要望書を提出した[2]。諏訪東京理科大学は地元自治体の誘致と協力によって開学した短期大学を前身としていたが、2006年度以降入学者数の定員割れが続き、2015年度の入学者は定員300人に対し214人であった。財務面も厳しさを増し、2014年度末の累積赤字は約16億円に及んでいた。少子化と学生定員割れが続く中、このままでは今後の大学運営は厳しいと判断してのことであった。公立化により総務省から運営交付金が受けられるほか、設置主体の地方自治体地方交付税交付金が配分されるが、これらの収入が私学助成金を上回ることから、授業料を他の国公立大並みに引き下げられると判断。これにより学生・父母保証人の負担を軽減し、学生数を確保するとともに、地域の高等教育機関の維持と活性化を図ろうとするものであった。

これを受け茅野市は県に公立化に向けた協議への参加を求め、阿部守一知事は長野県議会9月定例会において「高等教育の振興を重視する立場から、県としても積極的に協議に参加する」と表明し、公立化に対し積極的な姿勢を示した[3]。しかしながら、県立大学化を想定していた学校法人側に対し、阿部知事は翌10月に「県立移行は困難」との認識を示した。このため学校法人と茅野市は諏訪広域連合による一部事務組合を創設し、学校組合を設置者とする形での公立大学法人化を進め、その運営に関して県に支援を求めることとし、諏訪広域連合各自治体からも前向きな姿勢が示された[4]。公立移行後も本校の東京理科大学との連携は維持、また学校法人側からは公立移行時に合わせて学部学科を再編し、工業系単科大学に改組する構想も示された。長野県の「大学収容力」(その都道府県の18歳人口に占める県内大学への入学者の割合)は長年全国最低であり、2016年度には16.5%であった。県にとっては若年層の県外流出を防止するため、県内高校卒業者の県内大学進学率を上げることが喫緊の課題となっていた。特に長野県内の大学には理工系学部学科が少ないため、県内の理工系学生の県内大学進学の道を広げ、地域社会に貢献する目的もあり[5][6][7]、実際、地域密着型の工業大学として長野県駒ヶ根工業高等学校長野県岡谷工業高等学校と高大連携協定を締結するなどしていた。
2017年11月24日に文部科学省と長野県より諏訪広域公立大学事務組合を設置者とする公立大学法人の設立が認可され[8]2018年4月、公立大学法人に移行した。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

長野県茅野市豊平

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

  • 工学部
    • 情報応用工学科
    • 機械電気工学科
2017年度入学生までの学部学科[編集]

大学院[編集]

学園祭[編集]

毎年秋に、「理大祭」と称する学園祭が催される。


大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 河村洋:公立諏訪東京理科大学学長:元東京理科大学教授
  • 唐澤範行:公立大学法人公立諏訪東京理科大学理事長:元学校法人東京理科大学理事長補佐、元アサヒグループ食品社長
  • 片岡寛:元諏訪東京理科大学学長:元東京理科大学教授、一橋大学名誉教授、諏訪東京理科大学名誉教授
  • 重倉祐光:初代諏訪東京理科大学学長:東京理科大学名誉教授
  • 篠原菊紀:諏訪東京理科大学共通教育センター教授:東京理科大学総合研究機構併任教授
  • 柳田仁:諏訪東京理科大学教授:神奈川大学名誉教授

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

エリア放送[編集]

長野県2番目 [9]エリア放送地上一般放送局の免許を取得し、諏訪東京理科大学エリア放送 [10] の名称でワンセグ放送を実施している。

構内に地上一般放送局1局が設置されている [11]

免許人 局名 呼出符号 物理チャンネル 周波数 空中線電力 ERP
学校法人
東京理科大学
諏訪東京理科大学エリア放送 JOXZ4AE-AREA 29ch 569.142857MHz 10mW 760μW

対外関係

姉妹校[編集]

脚注[編集]

公式サイト[編集]